• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

定番を外した八つ橋ならもっと喜ばれる京都のお土産になる? 

京都名物の八つ橋で、あまり知られていない味に挑戦しよう!

定番を外した八ツ橋で盛り上がろう!

京都の八つ橋と言えば、誰もが知っている銘菓です。もちろん、色々な味があり季節限定の八つ橋も売られています。安くて、量が多い八つ橋は、お土産で最も喜ばれる商品の一つですが…あえて、私は普通ではない味に挑戦していきたいと思います。

普通の味は食べ過ぎて想像ができるのですが…想像できない味は面白い

皆が味を想像して楽しめます。失敗しても、楽しめるのが醍醐味

ちなみに、私は春に限定のさくら味が今まで食べた中で一番美味しかった。そんな中で、普段お店で見かけない味が…

赤ワイン餡入りの生八つ橋を買ってしまいました。周りから、なぜ買ってきたのかを責められましたが、箱を開けたら…

むらさきって感じの生八つ橋が並んでいます。

ここで、皆が盛り上がるわけです。赤ワインって?どうなってるの?皆が恐る恐る食べると…

赤ワインというよりブドウの八つ橋だな…と結論になりました。そりゃ、アルコールが抜いているなら、そうなるよな…。延暦寺の売店で購入したのですが、思った以上に普通の味でした。今まで、皆が一斉に黙った味は…山椒味でした(一部にファンがいましたが…)

生八つ橋コーラーを皆に飲ませる!

八つ橋は餡子の入ったお菓子だけではない。なんと、コーラーになって販売されています。正直、誰が買うんだぁ~と思う商品なんですが、もちろん私は買います。

しかも一本だけではなく、3本も購入しちゃいました!飲ませる相手を想像しながら嬉々として購入しました。

この、存在感があるコーラー…。お土産に八つ橋あるんですけどいります?と聞いた後に、このコーラーを出した時の皆の顔が素敵でした…

ただ、多くの人が自分ではお金を出して買いたくないけど飲んではみたいでした

まさに、お土産にぴったりな商品ではないでしょうか!皆で、紙コップで分けて飲んでみたところ…「あぁ、こっちの味かぁ~、確かに八つ橋の味かぁ~となります」

ニッキが苦手な子は駄目だと思いますが、1度は飲んでみるべき味だと思います。私は、銀閣寺の参道で買いましたが、売っている店は少ないようです。

ただ、普通の生八つ橋を贈るより印象深く相手に残ります

ちなみに、余った一本は別の同僚の机の上に置いてプレゼントしておきました。出勤後に不可解な目で生八つ橋コーラーを見ている姿は面白かった。

生八つ橋の皮だけが買える!

上記2つの商品は、どこでも販売しているわけではありませんが、生八つ橋の皮は、多くの土産店で買える一方で、意外に知られていない商品です。

こんな形で販売されています。量もあるので、家族で分けることもできます。

あんこがない状態で食べて美味しいのか疑問に思うかもしれませんが、皮自体にも甘みがあるため、モチモチした触感と共に食べれます。これが、意外に癖になる味があるので手が止まらなくなります。

最後に

八つ橋は京都土産の定番になっているので、貰ってうれしい反面、印象には残りません。そのため、ちょっと変わった八つ橋をお土産にすると印象が残るでしょう。美味しかったものはすぐに忘れるのですが、衝撃があった味はいつまでも忘れずに話のネタになります。ちょっと試しに自分用のお土産として味わってみてはいかがでしょうか?

京都のお薦め観光地

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。