• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【ニフレル】大阪エキスポシティ(EXPOCITY)にある新感覚の水族館

「生きているミュージアム ニフレル」の魅力

ニフレルの基本情報

営業時間平日   10:00〜18:00
土日祝日  9:30~19:00
*月毎に開館時間・閉館時間が異なります
定休日1月26日
入場料大人     2000円
小・中学生  1000円
幼児(3歳以上)600円
*2歳以下は無料
電話番号0570-022060
住  所大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
最寄り駅・大阪モノレール「万博記念公園」駅から徒歩
H  Phttps://www.nifrel.jp/

新感覚の水族館を楽しむ

ニフレルは生きものの美しさや不思議さを体感できる施設であり、「感性にふれる」をコンセプトを基に、空間や照明を使って演出されている水族館です。

コンセプトゾーンは「いろにふれる」「わざにふれる」「およぎにふれる」「ワンダーモーメンツ」「かくれるにふれる」「みずべにふれる」「うごきにふれる」「つながりにふれる」のゾーンに分かれている。

案内板から従来の水族館とは違って、照明や空間を使ったお洒落な演出がされている。

水槽の間近で魚を見ることができるので、他の水族館にある大水槽に沢山の魚たちがいるのも良いのですが、ある程度区切られた中でキチンと泳いでいる姿を見るのは楽しいです。ナポレオンフィッシュもじっくりと泳いでいる姿を見ることができます。

ニフレルが魚たちを面白い展示の仕方をしています。

casaneo(カサネオ)|ミルクレープの生みの親が創る重ね菓子の新ブランド

魚だけではないニフレルの生き物たち

ニフレルは水族館だけど水族館ではない魅力があります。それは、魚だけでない生き物も沢山います。

通路に自由に鳥たちが歩いています。大きな鳥も多いので、小さな子どもは少し怖いかも?

動物たちの見せ方が面白いことが特徴です。この見せ方が、他の水族館とは違う点でもある。

ニフレルでは面白い展示方法を見に行くことができます。大阪エキスポシティ(EXPOCITY)の買い物ついでに行くこともできる楽しい水族館です。

近畿の水族館情報

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。