• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【万博記念公園】広大な公園でのんびり1日を過ごす

広大な敷地で自然・文化に触れることができる公園

万博記念公園の基本情報

営業時間9:30~17:00
休園日毎週水曜日
*水曜日が祝日の場合は翌日の木曜日
*4月・5月GWまで・10月・11月は無休
料  金日本庭園・自然文化園共通 大人260円(小中学生80円)
*各施設により入園料金が異なる
電話番号06-6877-7387
住  所大阪府吹田市千里万博公園1-1
最寄り駅大阪モノレール「万博記念公園駅」or「公園東口駅」
H  Phttps://www.expo70-park.jp/

万博記念公園について

1970年に開催された大阪万博の場所を公園として整備された。太陽の塔で有名だが、公園内には自然文化施設・文化施設・スポーツ施設・レジャー施設がある府民憩いの公園である。

万博記念公園で自然を楽しむ

太陽の塔付近を散策する

万博記念公園は四季折々の季節を感じることができる公園であり、太陽の塔を中心に散策をしてみると自然を感じることができる。

太陽の塔は背中にも顔があるのですが、大阪以外に住んでいる人は知らない場合もあります。間近で太陽の塔を見ることができます。

歩いているだけで四季を感じることができるため、散歩や子供を連れて遊びに行くのに丁度良い場所です。

紅葉のバックに観覧車が見ていると、かつてエキスポランドがあった名残を感じます。

自然を感じることができる施設

施設料金
日本庭園・自然文化園共通大人   260円
小中学生 80円
自然観察学習館 moricara無料(自然文化園の入園料が必要)

子供料金が安く、団体割引なら低料金で入園ができるため万博記念公園周辺の小中学生は学校行事で訪れることが多い。

万博記念公園で文化施設に触れる

大人に人気な文化施設

国立民族学博物館は常設展以外に特別展が開催されており国内外の民俗学を学ぶことができる貴重な施設になっています。

出典:国立民族学博物館HP

EXPO’70パビリオンは館内には約80品目、約3,000点の資料が展示され1970年に開催された大阪万博の懐かしい姿を見ることができる。

文化を知ることができる施設

施設料金
国立民族学博物館一般580円
大学生250円
高校生以下無料
大阪日本民芸館大人710円
大学・高校生450円
小学生100円
EXPO’70パビリオン高校生以上210円
中学生以下無料

万博記念公園で体を動かす

世界最大のアスレチックタワーである万博ビースト(BAMPAKU BEAST)と呼ばれる六角形の足場を生かしたアスレチック施設があります。

出典:万博ビーストHP

クライミング・ジップライン・スラックラインなど120種類のアクティビティを体験できます。詳しくは下のYoutubeで雰囲気を確認してください。

もちろn、小さな子ども達でも遊べる遊具なども多くあるので小さな子どもからシニア層まで体を動かすのに適した場所です。

施設料金
万博BEAST■アスレチックエリア
・大人(中学生以上):3,500円
・子ども(小学生以下):3,000円
※別途自然文化園入園料が必要
※1時間あたりの料金です。
(安全器具装着・レクチャーの時間含む)
■天空回廊
500円/1回(4歳以上有料)
※3歳以下のお子様は利用できません。
※10歳以下のお子様は18歳以上の付き添いが必要です。
(付き添いの方も料金が必要です。)
やったねの木
わくわく池の冒険ひろば
船の遊具
現代美術の森
無料(別途自然文化園入場料)

万博記念公園の周辺で遊ぶ

万博記念公園内(周辺)のレジャー施設で楽しむ

万博記念公園の周辺にはレジャー施設も多くあり、買い物を楽しむならEXPOCITYでショッピングができる。水族館であるニフレルやネイティブと英会話体験ができるイングリッシュビレッジがあるなどレジャー施設も豊富にある。

万博記念公園は1日では回り切れないぐらい万博記念公園は広い公園です。府民の憩いの場になっていますが、最近はレジャー施設として開発も進んでもいるので遊んで楽しい場所になっています。

大阪観光の一覧ページへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。