• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『アオアシ』Jユースを扱ったサッカー漫画

Jユース時代の成長を描いた作品に惹かれる

『アオアシ』の基本情報

作 者小林有吾
出版社小学館
掲 載ビッグコミックスピリッツ
発刊数連載中

あらすじ

主人公の青井葦人は弱小公立中学のFWだったが抜群のボールへの嗅覚と俯瞰能力などで「東京シティ・エスペリオンFC」のユースチーム監督の福田達也に見いだされてユースのセレクションを受けることになる。そこには青井葦人が経験してこなかった知らなかった世界があった。

『アオアシ』の魅力は主人公の葛藤とサッカーへの熱き想い

主人公の青井葦人は才能は別としても技術的な面ではユースチームのほとんどのメンバーより劣っている。そして、中学生までは自由にサッカーができたが、ユースでは、それ以前の問題であることに気がつく。

出典:アオアシ公式twitter

チームプレイを経験してこなかった青井にとって、自分勝手なプレイにチームメイトが苛立っていくことがわかる。この様な衝突を繰り返しながら、もがき苦しみながらも必死にプレイを続けて上達していく姿に熱い思いを感じる。決して、爽やかさだけで終わらない作品である。

ユースのプライドと高校サッカーの意地の衝突

意外と知られていないのが、サッカーは高校サッカーとユースでは異なる点である。野球で言えば、中学校の部活とシニアの違いであるように、サッカーにおいてもユースの方が実力もありプライドも高い。そのためユースに所属している青井達は高校サッカーの名門校と意地と意地のぶつかり合いを演じる。チーム内のレギュラー争いだけでなく、対外試合でも激しい争いが用意されている。

俯瞰という視点でサッカーを描いている

俯瞰とは空から飛んでいる様にフィールド全体を見渡す空間能力のことであり、青井はその力を持っている。ただ、まだ上手に活用する技術がないため苦労するのだが…。

出典:アオアシ公式twitter

上級生たちが強烈な個性があるために青井自身も急速に力をつけていくことになるが、俯瞰の視点でサッカーを描く点は面白い。俯瞰の視点を持った監督では『GIANT KILLING』の達海監督であるが、作者同士で対談をしている点も面白い企画である。

出典:アオアシ公式twitter

サッカーのルールがわからなくても楽しめる作品ですが、漫画でルールや面白さを学んで実際のJリーグなどを見ると更に盛り上がること必見です。

サッカーを題材にした漫画

  

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。