• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『リンダ・リンダ・リンダ』高校の青春を描いた軽音学部の青春映画

THE BLUE HEARTSの名曲が頭に残る映画

『リンダ・リンダ・リンダ』の基本情報

公 開2005年
監 督山下敦弘
時 間114分
出 演ペ・ドゥナ
前田亜季
香椎由宇
関根史織
主題歌THE BLUE HEARTS「終わらない歌」

あらすじ

ある高校の文化祭の数日前に、軽音楽部の5人組のギターが骨折したことを発端に分裂してしまい3人しか残らなかった。ステージに立つことを諦めかけていた3人に、偶然通りかかった韓国からの留学生であるソン(ペ・ドゥナ)をボーカルに引き入れ、THE BLUE HEARTSのカバーで文化祭を目指す。

ガールズバンドの青春が詰まった物語

ボーカルのソンは適当に返事をする癖があり、バンドのメンバーが揃わなかったときに立花恵から「バンドやらない?」の言葉に適当に「はい」と答えてしまった。ここから物語が始まるのだが、当然だが短時間の出来事にあるにもかかわらず、恋愛や友情などのドタバタがおこる。

本作では微妙な人間関係が描かれており、一人一人の個性が描かれているが、微妙な距離感の連続がリアリティのある高校生を描いている。その中で曲を仕上げて舞台に立つという難しさが面白い。

THE BLUE HEARTSの歌が耳に残る作品

THE BLUE HEARTSが好きなら是非観て欲しい作品である。「リンダ・リンダ」からの「終わらない歌」はジーンときます。正直、歌声が上手いというわけではないですが、「リンダ・リンダ」の良さはバンドメンバーだけでなく観客も含めて盛り上がる点です。映画のシーンにもあるようにみんなが盛り上がる曲です。この映画を観た後にTHE BLUE HEARTSの曲を聞きたくなることは間違いありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。