• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【哲学の道】京都で有数の桜スポットであり四季を楽しめる散歩ルート

西田幾多郎が思想を深めた川沿いを歩く

哲学の道の基本情報

営業時間年中無休
料  金無料
住  所京都府京都市左京区 *固定の住所はない
最寄り駅【北端】京都市営バス「銀閣寺前」から徒歩10分
【南端】京都市営バス「東天王町」から徒歩10分

哲学の道について

銀閣寺(北端)と若王子神社(南端)の間を結ぶ約2kmの散歩道である。京都大学教授であった西田幾多郎が毎朝の散歩で思想を深めたことにが名前の由来。脇おに流れる運河は琵琶湖疎水であり南から北へ流れている。桜の名所であり、橋本関雪(日本画家)によって寄贈された桜が並び、四季折々の表情を見せてくれる。

桜と紅葉を楽しむ観光客で賑わう散歩道

哲学の道は桜の名所として観光スポットになっているが四季折々の雰囲気を味わうことができる散歩道である。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪など季節感を感じることができます。

北端は慈照寺(銀閣)があり、南端は紅葉の名所である永観堂・南禅寺があることもあり観光客が訪れる人気スポットです。もっとも、端から端までは2kmほどあるため全てを歩いたことがある人は少ない。

冬のシーズンは雪が降らない限りは景色として寂しいので、それ以外のシーズンの方が景色を楽しめるかもしれません(*静寂のわび・さびを楽しめる)。特に、お薦めは5~6月の新緑の季節で緑の世界が広がった雰囲気は圧倒されます。

哲学の道沿いの神社・仏閣を猫を見ながら訪れる

哲学の道沿いには多くの神社仏閣があり、哲学の道を歩きながら立ち寄ってみましょう。歩いていると、猫をよく見かけるので猫好きにとって楽しい散歩です。

可愛らしい猫から野性味あふれる猫まで色々と出会えます。一瞬、タヌキと思ってしまうような体つきの猫もいます。

哲学の道沿いの神社仏閣は以下の場所があります。

  • 慈照寺(銀閣・東求堂)
  • 法然院
  • 安楽寺
  • 大豊神社(ねずみの社で有名)
  • 熊野若王子神社

少しディープな京都観光を楽しめる場所ですが、熊野若王子神社から少し南に行けば永観堂や南禅寺に行くことができます。自然散策や散歩が好きな人は楽しめる場所です。

京都の観光地一覧ページへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。