• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【車折神社】芸能の神様を祀る神社で才能を伸ばす(京都・嵐山)

よく芸能人が参拝に行く車折神社

車折神社の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-861-0039
住  所京都市右京区嵯峨朝日町
最寄り駅・京福電車「車折神社」より徒歩1分
公式HPhttp://www.kurumazakijinja.or.jp/

車折神社について

平安時代後期の儒学者である清原頼業(きよはらよりなり)を祀った神社である。生前に清原頼業が好んだため桜が周囲に植えられたことで「桜の宮」と称されていた。鎌倉時代に後嵯峨天皇が牛車で嵐山を訪れた時に、神社の前で牛車の轅(ながえ:牛車をひっぱる部分)が折れてしまう。天皇はご祭神に気付かず前を通った非礼を詫び、「車折大明神」の号と正一位を贈られたことから車折神社と呼ばれるようになった。境内には芸能神社もあり、タレントや芸能関係の名が玉垣に書れている。

車折神社内にある芸能神社

車折神社には境内に「芸能神社」という末社という神社があり、天宇受売命(あめのうずめのみこと)という芸能にご利益がある神を祀る神社があるため芸能の神様として有名な神社です。

2000枚以上の玉垣が奉納されており、松竹や東映などの撮影所が近くにあることもあり、多くの芸能関係者が参拝していることがわかる。

この様に、谷垣には奉納した芸能関係の人の名前が書いています。好きなタレントが奉納しているかを見に行って一緒に写真を撮影するのも面白いでしょう。

タレントだけでなく、舞子や和太鼓など芸を仕事としている人が多く参拝しています。

車折神社で願いを叶える

車折神社の本殿に参拝をしてください。

本殿を参拝した後に、後ろを振り返ると沢山の石が奉納されていることに気がつきます。これは、「祈念神石(きねんしんせき)」と呼ばれる石で、社務所で祈念神石を授かり、本殿で願い事を強く念じ、石を家に持ち帰ります。 そして、願い事が叶えば家や近くで新しく石を1つ拾い、お礼の言葉や祈願の内容を刻み、授かった祈念神石とともに神社に返納します。

他では見られない、願い方だが折角だからお祈りをしてみましょう。

嵐山方面を散策する場合は、少し足を延ばして参拝してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。