• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『島さん』元極道のコンビニ店員のほのぼの漫画

ほのぼのさが伝わってくる作品

『島さん』の基本情報

作 者川野ようぶんどう
出版社双葉社
掲 載双葉社
webアクション
発刊数続刊中(2021年~)
twitterhttps://twitter.com/kawanoQtaro

島さん(1) (アクションコミックス) [ 川野ようぶんどう ]

価格:693円
(2021/2/16 19:11時点)
感想(1件)

『島さん』のあらすじ

背中には刺青が入っている元極道であった島さんはコンビニ店員として働いており、ヘルプで他店に行くこともある。色々なトラブルがおきるコンビニで、人情味あふれる優しさで人々を包み込む。ほっこりした物語。

『島さん』の面白さ

コンビニという日常的な場面を舞台にしているため物語が入ってきやすい内容です。主人公の島さんは背中に入れ墨があるが極道的な視点で物語が書かれることがなく(第1話ぐらいかな)、温厚なおじいちゃんがトラブルに対処していく感じの作品です。

出典:https://twitter.com/kawanoQtaro

ウェブCMで数ページを見た際に、面白いのではないかと一瞬で感じ取った作品です。たまたまコンビニで置いているを見かけて直ぐに購入しました。『極道主夫』が人気でしたが、本作は喧嘩のシーンや極道らしいシーンはなく、ほのぼのおじいちゃんの物語とも見れます。ただ、人情味があり良い話だなぁと感じます。

今後の展開が期待できる漫画

どこか島さんは抜けている点もあり、完璧な性格でない分、見ていて飽きない所がある。

仕事を完璧にこなすわけではないけど、要所要所では人情味あふれる行動にでており愛されキャラだと思う。強盗に入られた話に関しても、どこか胸に刺さりながら心温まる話だと感じる。

ヘルプで他店に行くことができるので物語の幅が広げることができるので、このまま物語が飽きずに展開されると期待できる。まだまだ、主人公に謎が多い分だけ、さらに面白くなると期待している作品である。

紹介済みの漫画紹介一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。