• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『スクールランブル』アニメ化にもなったコメディ・ラブコメ要素がある学園漫画

シュールな笑いも多いドタバタ学園漫画

『スクールランブル』の基本情報

作 者小林尽
出版社講談社
掲 載週刊少年マガジン(2002年~2008年)
発刊数全22巻
アニメ化テレビ東京系(①2004年~2005年・②2006年)

【送料無料】スクールランブル DVD-BOX アニメ 全話 TV版 School Rumble 小林尽 スクラン 学園 ラブコメディ アニメ ギフト プレゼント 大容量 【新品】

価格:4,580円
(2021/4/1 10:16時点)
感想(0件)

『スクールランブル』あらすじ

主人公の塚本天満は同級生の烏丸大路に片思いする女子高校生であった。その塚本天満に不良の播磨拳児が片思いしているなど恋愛要素を入れながらコメディ要素も強い高校生活を描いた物語である。塚本天満の妹の塚本八雲沢近愛理などの登場により学園生活で複数が同時に恋愛に入りながら面白おかしい学校生活を過ごしている。

Blogで紹介した漫画一覧のページへ!

短編集が集まったような物語

本書は大きな物語の流れがあるが、比較的展開が早い状態で物語が進んでいく。そのため、短編集を読んでいるような感じになり、その短編集が全体的な物語をつくっているような感じである。続きが気になるのではなく、読み切れるため非常に読みやすい(1話で物語がまとまっている感じに近く、起承転結が存在する)

当初はコメディ要素が強くなっているが、次第にラブコメ要素が強くなっていく。ただ、小学生の恋愛か!って突っ込みたくなるようなラブコメ要素なので面白さが増す。

物語を彩る登場人物

登場人物で異才を放つのが播磨拳児の存在である。本来は不良であった彼が塚本天満に片思いしてから強面のキャラクターからギャグ担当のキャラクターに代わっていく。後半は、塚本天満より主人公らしい活躍をするなど物語が展開するたびに視点が変わる面白さがある。特に、沢近愛理が次第に播磨に惹かれていくたびに、ツンデレになっていく点が楽しめる。同時に、天満の妹の塚本八雲も播磨との関係が深く(*播磨は漫画を描いているのでアシスタント)、よくわからない複雑な恋愛関係一歩手前の恥ずかしく痒い物語を進める。

週刊少年マガジンで当時実施した第1回カップル選手権では、1位 播磨・沢近、2位 播磨・八雲、3位 播磨・天満、になるなど当初の物語とは意図しない方面で進んでいる点が楽しめる。

ドタバタの喜劇的な学園生活であるが、楽しく読める漫画である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。