• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『ドクター・デスの遺産』中山七里の推理小説を映画化した社会派ミステリ作品

安楽死を巡り犯人を追いかける刑事映画

『ドクター・デスの遺産』の基本情報

公 開2020年
監 督深川栄洋
原 作中山七里『ドクター・デスの遺産』
時 間120分
出 演綾野剛
北川景子
岡田健史
前野朋哉
青山美郷
音  楽Alexandros「Beast」
配  給ワーナー・ブラザース映画
興行収入6.6億円
H  Phttps://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

『ドクター・デスの遺産』あらすじ

「苦しむことなく殺してさしあげます。」ある闇サイトで依頼を受け、安楽死させる連続殺人犯ドクター・デスに対して警視庁のNo.1コンビ犬養隼人(綾野剛)と高千穂明日香(北川景子)は捜査に乗り出す。しかし、遺族は犯人に感謝し嘘の証言で守るため捜査は苦戦する。果たして、ドクター・デスは猟奇殺人犯なのか?救いの神なのか?

安楽死をテーマに犯人を追いかける

冒頭の男の子の電話からドクター・デスの存在が明らかになってきたが、本作のテーマにもなっているのが安楽死についての投げかけでもある。末期の患者を違法的に安楽死に追い込むことが正義なのか悪なのかを問われている。確かに、少し前に安楽死をしていた医師が逮捕されたが(同じようにHPで安楽死を求める患者を探している)、それ以上に『ブラックジャック』の登場するドクターキリコを思い出させてくる。

ただ、安楽死というテーマ自体は今更感はあるが、正体不明の医師を探す刑事ドラマとして観たほうが面白いだろう。安楽死に対する遺族側の葛藤などが映像では省略(簡素化)されている点もあり、安楽死の是非は弱い。ただ、全般的にミステリアスな雰囲気を漂わすためか薄暗い映像が多い。それが、不気味さを演出している点は良い。

結末は思ったより単純だった気がする

安楽死を行った人物は医師の格好をして訪問しているため、早い段階で姿はわかってしまう。『ブラックジャック』の時代ならともかく、今の時代は監視カメラも多く完全犯罪の難しさを感じる。もちろん、ドクター・デスを逮捕するまでは山あり谷ありの操作は展開される。ほぼ、犬養隼人(綾野剛)と高千穂明日香(北川景子)を中心に物語は展開されている。見どころとして、ドクター・デスの猟奇的な演じ方である。

安楽死の問題だけでなく、家族愛などハートフルな物語も展開するため刑事映画として観ると丁度良い。

映画紹介一覧のページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。