• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』安定の面白さがある映画作品第1作

緩急をつけた刑事ドラマの名作

『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』の基本情報

公 開1998年
監 督本広克行
時 間119分
出 演織田裕二
柳葉敏郎
深津絵里
水野美紀
ユースケ・サンタマリア
小林すすむ
佐戸井けん太
北村総一朗
主題歌織田裕二「Love Somebody [CINEMA Version] 」
配 給東宝
興行収入101億円

『踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!』あらすじ

湾岸警察署と勝どき警察署の中間の河川で水死体が発見される。そして、司法解剖すると胃の中から熊のぬいぐるみが発見されるという謎の事件が発生した。一方で、警視庁副総監が自宅前で拉致される事件が発生する。そのため、湾岸署に捜査本部が置かれるが、所轄の刑事は一切捜査させない方針に青島俊作(織田裕二)が激怒する。

映画紹介一覧のページ

緩急をつけた内容が物語を面白くする

物語の冒頭で主人公の青島俊作(織田裕二)ら署員メンバーが警視庁副総監のために接待ゴルフに全力で挑んでいる点など緩い感じを与える一方で捜査本部と所轄の対立を描き、キャリア組と所轄の間に挟まった室井慎次( 柳葉敏郎)の間の取り方や演技と青島の熱い行動が面白いぐらい対比さているため緩急がしっかりとついている。

そして、事件が進展すればするほど署長の神田総一朗(北村総一朗)らの存在が大きい。「警察の仕事はミスのない捜査とスキのない接待」がモットーという典型的なゴマすり体質だからこそ、時々まともなことを言うと今は真剣な所だと思わせてくれる。そのため、色々な対比構図があるため緩急がつけられた作品である。

作中では、和久平八郎(いかりや長介)の存在が多きく見える。青島らは若手であるため、和久の様なベテラン刑事が味のある演技を見せてくれるので物語の深さを出してくれる。

次々と事件が起きる面白さ

作中では、警視庁副総監の誘拐事件を軸にしながらも多くの事件が起きてしまう。冒頭に出てきた、胃の中に熊のぬいぐるみが出た死体などサイコパスな事件も同時進行で進行しながら、警察署内の窃盗事件が発生するなど次々と事件が起きて目まぐるしく発生する。そして、全ての事件が何なら本筋に関わっている。最後に領主書を奪った犯人も発覚する。

前半はゆっくりと展開していくが、物語が進展すると一気に進むため変なストレスがなく観れる作品である。ドラマ版から劇場版が作られたが、ドラマ版を見なくても十分楽しい作品である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。