• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【恋愛の雑学】吊り橋効果で恋愛は成功するのか?

有名な吊り橋効果であるが本当に効果があるのか?

吊り橋効果について

心理学の実験で吊り橋の上のような不安や恐怖を強く感じる場所で出会った人に対し、恋愛感情を抱きやすくなる現象のことを意味しています。単なる経験論で述べているわけではなく心理学の研究の一環として実験されています。今回は、その吊り橋効果について詳しく考えましょう。

吊り橋効果の実験

1974年にカナダの心理学者であるダットンとアロンによって「生理・認知説の吊り橋実験」として発表された内容が吊り橋効果(恋の吊り橋理論)と呼ばれるものです。今から50年ぐらい昔の内容を今でも言っていることになります。

実験では18歳から35歳までの独身男性を集めて、高さ70mの揺れる吊り橋と揺れない橋の2ヵ所で実験が行われました。両方の橋の中央で、若い女性がアンケートを求めて話しかけており、その際に「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるといった内容である。結果、揺れる吊り橋では男性18人中で9人が電話をかけてきたのに対して、揺れない橋では16人中で2人しか電話をかけてこなかった。このことから、揺れる吊り橋のドキドキ感が恋愛中のドキドキ感と錯覚して恋愛感情を誤認させると考えられている。感情は「出来事→その出来事への解釈→感情」という経緯で発生するため、恋愛の「魅力的な人に出会う→魅了される→ドキドキする」の動きと勘違いしてしまったという点です。この実験から付け加えて、メリーランド大学のグレゴリー・ホワイトは実験で声をかける女性が美人かどうかで結果が左右されるのではと考えています。メイクで魅力を低下させた女性で同様の実験を行ったところ、吊り橋効果とは逆の効果になっています。

この実験から思うことは、まず実験に参加した人数が20名以下と少ない点と、揺れる吊り橋で連絡をした男性が50%であり、揺れない橋の12.5%と比べれば効果があったと思えるがグレゴリー・ホワイトが述べているようにアンケートをとる女性の好みにより多少の誤差が生まれる可能性があるだろう。ただ、それでも一定の効果があると思える。

吊り橋効果の活用方法

吊り橋効果は絶対的な効果はないが、やはり一定の効果があることは否定できない。実際に、吊り橋の上に行く必要もなく、要はドキドキした空間にお互いがいれば良いのである。例えば、高校生の時に体育祭や文化祭の行事ごとの後にカップルが成立したことは多くないだろうか?友人の高校では修学旅行で地主神社のお守りを手に入れて告白すれば成功すると代々言い伝えられていた。実際にカップルになった率は高かったらしい。ただ問題点は、一時的なドキドキ感では長続きしない点である。実際に付き合い始めれば、時間とともにドキドキ感がなくなていくこともあり恋が冷めることが多い。そのため、恋愛のきっかけに利用するには丁度良いかもしれないが、それだけで何とかなると考えないようにしよう。

逆に長続きするコツとすれば、ドキドキ感を与え続けることである。これは、無理やりイベントを続けることは難しいが、何気ないことでも問題はない。例えば、一緒にスポーツをするや旅行する、遊びに行くなどでも良い。計画など立てているときからワクワク感が強まっていくので恋愛感情かワクワク感かわからない状態にしておくことが必要である。ただ、その間に本当の恋愛感情を育む必要があるのは確かである。

雑学・ランキングのページへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。