• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『め組の大吾』消防士に焦点をあてた災害現場での奇跡を描いた漫画作品

災害現場の深刻さを描いた作品

『め組の大吾』の基本情報

作者曽田正人
出版社小学館
掲 載週刊少年サンデー(1995年~1999年)
発刊数全20巻(単行本)・全10巻(ワイド版)・全11巻(文庫版)
メディア・映画『め組の大吾 火事場のバカヤロー』(1999年)
・ドラマ『FIRE BOYS 〜め組の大吾〜』(2004年)フジテレビ
受賞・第42回小学館漫画賞(1996年)
・第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(1998年)

『め組の大吾』あらすじ

朝比奈大吾は子どもの頃に火災により五味俊介(当時:消防士)に助けられた。その頃の夢を実現させるため消防士の採用試験に通りめだかが浜出張所(所長が五味俊介)に赴任する。大吾は消防士として活躍したいと思っている一方で、めだかが浜出張所は火災がめったに発生しなかった。理想と現実の違いに落ち込むが、実際に災害現場で働くうちに災害の恐ろしさを実感していくことになる。

漫画一覧紹介のページへ

『め組の大吾』の面白さは単なるヒーロー漫画ではない

主人公の朝比奈大吾はスイッチ(ゾーン)に入ると異常な集中力を発揮する点があるが、大吾は単なるヒーローではない。災害現場での死と常に向き合いながら苦しんでいる点がある。災害現場でこそ生きていると実感してしまう自分が嫌になるなど、自分自身に悩み苦しみながら災害現場にいっている。この点は曽田正人作品の『昴』『MOON -昴 ソリチュード スタンディング-』の主人公に通じる点であるが、1つのことに集中すれば奇跡的なことをおこす。

どのエピソードが面白かったかと考えると難しいが、東条マート火災・レシュキュー試験・千国峠・による緊急搬送・千国市国際空港工事現場爆発事故などは非常に面白いエピソードである。単なる、災害救助ではなく、人間味あふれる葛藤を描きながら成長する姿が魅力的である。消防士の仕事も詳しく知れて面白い。ただ、全般的に苦しみながら救助している姿に等身大の姿が見れる。

物語を彩る登場人物たち

甘粕士郎は大吾の同期採用で常にお互いがライバル視している存在でもある。大吾の「災害を無くしたい、でも災害が無くなることで自分の存在意義が無くなってしまうのも怖い」の発言に激昂するなど大吾のことがわからない反面、自分自身は凡人が大吾の様な天才をサポートをする必要があると気付く。イヤミな性格だが成績優秀で努力家であり、大吾と共に成長していく姿が良い。

神田恵は消防士長臨港署特別救助隊(レスキュー)副隊長であり誰もが憧れる存在でもある。千国のエースとして活躍する一方で大吾に興味を持つ。ただ、レスキュー研修で助教を勤めた際に大吾の資質と同時にリスクの高さに不安を感じる。大吾の様に動けない自分自身の中の葛藤に苦しみながら必死な姿は背中で物語を語っているようである。

そして最後に、めだかヶ浜出張所所長であり幼い大吾を救った五味俊介である頭に重度の火傷を隠すために帽子をかぶっており、普段はやる気のなさを感じさせるが、しっかりと業務をこなしている出来る消防士である。「俺は敗者だ。大火傷を負う前の自分ならもう一歩踏み込んで忍足の母親も救えていた。昔の俺ならもっとやれたんだ」と吐露しているように彼自身も苦しみながら災害に向き合っている(大吾は逆にそのように考えていたことに驚く)。最初から大吾を庇っており、理想の上司の様に行動する。

この様に『め組の大吾』は災害現場での消防士(レシュキュー)の等身大な苦しきを描きながら立ち向かっている姿を描いた熱い物語である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。