• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『カイジ 人生逆転ゲーム(第1作)』漫画原作の人生をかけた一発逆転映画

未来を手に入れるための逆転ゲームが始まる

『カイジ 人生逆転ゲーム(第1作)』の基本情報

公 開2009年
監 督佐藤東弥
原 作福本伸行『賭博黙示録カイジ』『賭博破戒録カイジ』
時 間129分
出 演藤原竜也
天海祐希
香川照之
音 楽YUI「It’s all too much」
配 給東宝
興行収入22.5億円

『カイジ 人生逆転ゲーム(第1作)』あらすじ

定職に就かずフリーターとして暮らすカイジは、友人の借金の保証人になったことで多額の負債を背負ってしまう。その借金を返すために大型客船「エスポワール」で開催されるゲームに参加する。しかし、命がけのゲームは騙し合いや罠で満ちていた。無事に勝利を勝ちとって人生を逆転させることができるのか。

公開年度別の映画作品一覧

ストーリーはまとまっているので原作を読んでいない人でも楽しめる映画

漫画原作の映画のため、原作を知らない人間には世界観がわからないことが多い映画もあるが、今作は初めてカイジに触れる人でも無理なく観れる作品である。

キャッチコピーは、「ようこそ クズの皆様」・「考えろ、裏をかけ。そして未来を手に入れろ。」というフレーズである様に多重債務者たちがゲームに勝利して人生をやり直そうとする物語であるあが、負ければ強制労働や命を落とすなど天国か地獄を味わうゲームである。

ただ、原作を知っている人間には納得できるシーンもあれば物足りないシーンもある。ストーリー全般はスムーズな展開であり物語自体は非常にドキドキしながら最後まで観ることができる点は良かった。そのため、観る価値のある映画である。

一方で、マイナス点は遠藤の性別を変えて天海祐希が演じている点である。遠藤は胡散臭い感じを出すためにも中年男性の方が魅力的である。中途半端に女性を入れなくても、おっさん臭い方がカイジに関しては魅力的になった。また、原作の「欲望の沼」の手口も入れなくて良かったかもしれない。撮影段階で2作目にいくと思わなかったかもしれない。そして、石田光司のシーンはもっと時間をとっても良かったかもしれないが、それまでの積み重ねがない分だけ、あの程度が限界かもしれない。

最後に、大槻太郎との対決(次回作?)と利根川幸雄の土下座がなかったのが残念である。もちろん、全てのストーリーを入れるのは難しいので仕方がないが原作を読んでいる方からすれば欲しかった内容である。

【見放題chライト】7000本以上の動画を無料お試し

熱い演技が見れる作品

主人公の伊藤開司役を演じている藤原竜也も熱演だが、利根川幸雄役の香川照之も絶妙な演技をしてくれる。2人とも迫力ある演出をしてくれるからゲームの熱を伝えてくれている。利根川幸雄は難しい役どころでもあるが、香川照之が見事に演じている。ただ、半沢直樹でも観たことがあるような感じでもあったが…(こっちが先か)。

一方で、やはりカイジと言えばナレーションが欲しかった。演技が上手い分だけナレーションがあった方が原作ファンは喜んだだろう。「ざわざわざわ…」は良いタイミングで使用できていた分だけナレーション付きでも良かったのかもしれない。

終始、ハラハラドキドキさせてくれる映画であり、見所が沢山ある映画でもある。原作ファンも、そうでない人も観てほしい作品だ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。