• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『ゴーストバスターズ(2016)』懐かしの名作が女性を主人公にして描いた話題の映画作品

第1作・第2作を観ていると更に面白くなる映画

『ゴーストバスターズ(2016)』の基本情報

公 開2016年
監 督ポール・フェイグ
原 作『ゴーストバスターズ』(1984年)
時 間116分
出 演クリステン・ウィグ
メリッサ・マッカーシー
ケイト・マッキノン
レスリー・ジョーンズ
クリス・ヘムズワース
セシリー・ストロング
アンディ・ガルシア
音 楽「Ghostbusters (I’m Not Afraid)」
配 給ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
興行収入12.4億円

『ゴーストバスターズ(2016)』』あらすじ

コロンビア大学の物理学者エリン・ギルバートは終身雇用の審査を目前に以前共著した『過去からの幽霊』という本を手にした男性からオルドリッチ屋敷の幽霊騒ぎで相談を受ける。ただ、既に幽霊など非科学的な研究から遠ざかっていたエリンは共同執筆者であるアビー・イェーツと再会することになった。そして、原子力エンジニアのジリアン・ホルツマンを加えた3人で幽霊騒動の屋敷に行くことになった。

軽いノリの幽霊退治を楽しめる作品

『ゴーストバスターズ(2016)』では大学の教授が幽霊などの超常現象を研究していたことで、非科学的な点から大学を追われることになる。ただ、この点は、最初の『ゴーストバスターズ』と同じような流れであり、『ゴーストバスターズ(2016)』には昔使用された幽霊や建物などが場面場面で登場するため、まずは最初の作品から観てもらった方が楽しめるかもしれない。

関連記事:『ゴーストバスターズ』不朽の名作は音楽とともに現代でも面白さは変わらない

『ゴーストバスターズ(2016)』にも言えることだが、基本的にノリが軽いためホラー映画ではなく、アクション映画?コメディ映画?に近いかもしれない。しっかり者に見えるエリン・ギルバートだが、仕事ができないケヴィンを顔だけで採用して守り続けるなど残念な性格をしている。また、残りの3人のゴーストバスターズも軽すぎるノリに気楽に観れる映画だと感じることができる。

どの世代であっても、楽しく観られる作品であり、幽霊のグラフィック技術の向上に感心してしまうかもしれない作品である。

「これがエルセーヌだ!」エルセーヌのエステ体験行ってみた!【画像あり】

吹き替え版の声優には違和感を感じてしまう

『ゴーストバスターズ(2016)』の非常に残念な所は吹き替え版の声優陣である。ストーリー自体がしっかりとしていただけに、声優陣にお笑いタレントを多く採用したことでネタ映画の様に感じてしまう。本気で、作品で勝負するつもりはなかったのかな?

例えば、エリン・ギルバートの吹き替えは友近が行っているが、コントでやっている声と同じで感情移入ができない状態になる。アビー・イェーツ の吹き替えは渡辺直美であり、声を聞いてしまうと渡辺直美としか思えなくなってしまう点がある。残念ながら、彼女らが好き嫌いではなく、2人がテレビで人気がありすぎる分だけ声=本人の姿が連想してしまう点である。

ある程度、話題作りのために仕方がないことではあるが、ストーリーが仕上がっている分だけもったいなくも感じてしまった。この辺はスタジオジブリなどでも同じことが言えるかもしれない。

全般として、物語自体はわかりやすい展開であり、ある意味で昔ながらの王道のストーリー展開だと言える、そのため、幅広い年代で楽しめる作品ではあるが、最初の作品も事前に観ていれば楽しめるだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。