• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』チアダンスの青春映画

チアダンスの大会を舞台にした映画

『チア☆ダン』の基本情報

公 開2017年
監 督河合勇人
時 間121分
出 演広瀬すず
中条あやみ
山崎紘菜
富田望生
福原遥
真剣佑
天海祐希
主題歌大原櫻子「ひらり」
配 給東宝
興行収入12.0億円

『チア☆ダン』あらすじ

福井県立福井中央高校に入学した、友永ひかりは憧れの男子であった孝介を応援したいがためにチアリーダー部へ入部する。しかし、入部すると厳しい練習で想像とは違っていた。そんな女子高生たちが本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝を目指す。実話をもとにつくられた物語である。

公開年度別の映画作品一覧

体育会系の物語

チアダンスの良さは底抜けに明るい演技など周りを楽しませてくれる演技が魅力である。実際、チアダンスの大会を1日中見る機会があった際に、演技の明るさと会場の雰囲気づくりと全てを明るくしてくれる様に感じた。ダンスの大会もテンションは高いがチアダンスとは違っている。その雰囲気を味わうことができる作品だと思ったが、どちらかというとチアダンスをテーマとしたスポ根ドラマに近い作品である。

単純に言えば、友永ひかり(広瀬すず)や玉置彩乃( 中条あやみ)を中心として初心者たちが全米大会に向けて、どんどん強豪部活へと変化していく姿を演じている。チームメイトや顧問の先生たちと衝突しながらチームを一つにしていく物語である。

ただ、実話をもとにつくられた作品でもあり仕方がないことであるが、生徒像の方向性が見えなかった。福井を舞台にして素朴さを出したい所(福井弁など)だが女子高生の像が都会の女子高生のように描かれているのでズレを感じてしまった。また、1年目の新入部員がキャラクターの個性がきつ過ぎてネタの方面に進んでいるのかと思えた。次第に、物語が進むにつれて普通のスポ根ストーリーに変わっていくが、多少無理からに感じる点もあった。

ストーリー全体としては基本的な路線の映画なので、どの世代にもわかりやすい作品であると言える。もう少し、チアダンスの映像を増やすなり、楽しさを伝えるようなシーンが多くても良かったかな。高校生の青春を描写しているように感じる映画である。

色々疑問を感じることも多かった

顧問の早乙女薫子(天海祐希)が厳しく生徒たちを指導している様に思えて、実際にチームメイトを指導しているのは玉置彩乃で、アメリカに行くために非常に厳しいことを部員たち発しており嫌な奴の様に感じる点も多い。友永ひかり(広瀬すず)が周りに気を使い過ぎて八方美人の様にうつってしまう。ずっと観ていて思ったのが、早乙女薫子が前面に嫌なことを引き受けているわけではないで違和感を感じた…。最後、生徒を思って…という風な形になっていても疑問に感じてしまう。部活が変わる時には馴染めない子達が辞めていくことはよくあるが…。それはそれで可哀想であるが(映画の様な子は納得させられてしまうが)実際、非常にギスギスした空気になり、あの程度でチームメイトとの仲が改善されるか?と思えるシーンもある。実際、チアを初めて数カ月で大会に出すことはないんだが…。そもそも、笑顔で後輩を指導できないのにチアダンス?と思ってしまうシーンもある。

また、何度も玉置彩乃に告白する男子高校生も普通に考えれば普通ではないヤバイ奴です。それにも関わらず、最後の終わり方はちょっとなぁと思ってしまう。

全体を通して、チアダンスの良さをもっと前面に出せば良かったのにと思える。スポ根映画としては、それなりに面白く観れるのだが、やはりチアダンスをもっと前面に出してほしかった。笑顔で踊ることの重要性を説いていても、多くは葛藤や悩みながらのシーンが多かったかな。青春映画としてはアリな作品である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。