• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【住吉神社(福住吉)】大阪市西淀川区にある阪神なんば線「福」から徒歩で行ける神社

阪神なんば線「福」駅より徒歩で行ける神社

【住吉神社(福住吉)】の基本情報

拝観時間24時間参拝可能
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号06-6472-0094
住  所大阪市西淀川区百島1-3-98
最寄り駅・阪神なんば線「福」より徒歩5分

【住吉神社(福住吉)】について

正保元年(1644年)に土地の開発がされ、多くの人々は漁業を営んでいたこともあり航海の安全と大漁を祈願して明暦2年(1656年)に、神崎川沿いのこの地に宮地を築き、殿舎を建て住吉大神を勤請した。御祭神は、表筒男命・中筒男命・底筒男命・神功皇后である。太平洋戦争中は焼夷弾が淀川にばかり落ちたり、場所的に多い水害でも致命的な被害がなかったことから厄除けにも効きそうな神社である。

【住吉神社(福住吉)】を散策する

大野百島住吉神社は阪神なんば線の「福」駅から徒歩で行ける所にある西淀川区の神社である。駅から歩いていけるのだが、大野川遊歩道沿いに歩けば道に迷わないが、国道43号線を横断して目指すと裏通りを通るため迷ってしまうかもしれない。よく地図を確認して移行。

拝殿に行くと比較的新しい建物と昔ながらの材料が使用された折衷的な建物になります。

全体は立て直したけど、一部は再利用したのかな?これはこれで味があって良い拝殿でした。

そして、狛犬が2体が並んだ状態で左右に配置されており珍しいつくりになっていました。境内も住宅地にありますが静かな雰囲気で清々しい気持ちになります。

社殿の両端には金刀比羅神社と戎神社が並んでたてられています。こちらの狛犬は小さくなっています。

こちらも狛犬が2体並んだ状態で行かれています。「福」×「戎」が掛け合わさった何とも縁起がよさそうな神社になっています。

大野川遊歩道沿いに面した場所には大きな神馬の石像が建てられています。

西淀川区の場所柄として、住吉大神を祀っている神社が多いですが、神社が建てられた時代の人々の生活を知ることができて非常に面白く感じます。ちなみに、神社の側にある大野川遊歩道は結構長く続いているので散歩には丁度良い場所かもしれません。

ファッション通販サイト【夢展望】
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。