• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『カツベン!』成田凌の映画初主演作である活動写真(無声映画)の活動弁士を描いた作品

大正時代から昭和初期にかけての時代設定作品

『カツベン!』の基本情報

公 開2019年
監 督周防正行
時 間127分
出 演成田凌
黒島結菜
永瀬正敏
高良健吾
音尾琢真
徳井優
竹中直人
竹野内豊
上白石萌音
主題歌奥田民生「カツベン節」
配 給東映
興行収入3.2億円

あらすじ

染谷俊太郎(成田凌)は泥棒一味として働かされることに嫌気をさして逃亡をして、ある街の映画館にたどりついた。そこで、子どもの頃からの夢であった活動弁士として働くことになった。そこには、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)と共に働くことになる。

映画紹介一覧ページへ

期待以上に面白い作品であった『カツベン!』の魅力

『カツベン!』は大正15年の染谷俊太郎(成田凌)が子どもの頃のエピソードから、10年後の泥棒一味から逃げ出して活動弁士として活動する物語になっている。

活動弁士を題材にしていることもあり、ある程度は歴史的な知識がないと難しい作品であるコアな作品なのかな?と思って映画を観てみたのですが、実際に観てみると非常にわかりやすい内容であった。

実際に観てみると、コメディ的な要素も含みながら軽快に物語が進んでいく。そのため、余計なストレスを感じることなく映画を観ることができる。ストーリーも子どもの頃から夢であった活動弁士になった染谷俊太郎だが、かつての泥棒一味に狙われ警察にも追われるという理解しやすい構図の物語である。そのため、観ていて楽しめる作品である。

活動弁士という、現代にはない職業をテーマにしていながら、当時の背景なども含めてわかりやすい内容であった。前半の少年時代は長く感じる点もあったが、きちんと後半まで観ていると必要なことだったと感ずることができる。

物語全般で成田凌が非常に演技が上手い。違和感を感じることなく映画に集中することができた点は良かった。

マールマール

周りを固める俳優陣が魅力的な映画作品

染谷俊太郎が活動弁士を務める映画館を経営している青木富夫を演じているのは竹中直人である。青木家の入り婿で、妻豊子には頭が上がらない設定を非常に上手く演じている。この様な役を演じさせれば右に出る役者はいない。そして、竹中直人が演じているだけあって面白くなっている。

かつては「七色の声を持つ」と謳われた名弁士で染谷俊太郎の憧れであった山岡秋聲を演じているのは 永瀬正敏である。今や酒に溺れて、満足に活動弁士として活躍できない。色褪せた名人を印象付ける演技をしてくれる。

そして、泥棒一身を追いかける刑事の木村忠義は竹野内豊が演じている。活動写真が大好きで、腕は立つがどこか抜けている刑事役を演じてくれるので非常にアクセントとなる役割を果たしている。

また、作中の無声映画作品に上白石萌音、城田優、 草刈民代などが出演しているように中々豪華な出演人である。主人公の成田凌がしっかりしているからこそ脇役の個性を活かせていると感じられた作品である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。