• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『かもめ食堂』フィンランドを舞台にした日常をほのぼの描いた映画作品

不思議な魅力に満ちた映画作品

『かもめ食堂』の基本情報

公 開2006年
監 督荻上直子
原 作群ようこ『かもめ食堂』
時 間102分
出 演小林聡美
片桐はいり
もたいまさこ
主題歌井上陽水「クレイジーラブ」
配 給メディア・スーツ
興行収入5.8億円

あらすじ

サチエ(小林聡美)はフィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」を始めたもが客はいなかった。そんな日に、日本が好きなトンミにガッチャマンの歌詞を教えて欲しいと言われたことをきっかけに、ミドリ(片桐はいり)と接点を持つことになる。そして、空港でスーツケースが行方不明になったマサコ(もたいまさこ)が「かもめ食堂」に訪れる…。

映画紹介一覧ページへ

フィンランドを舞台にしているが、何気ない日常を描いた作品

『かもめ食堂』の最大な良い点は過剰な演出や出来事がない点である。物語の最初から最後まで平穏な日常を描いている作品である。それなのに、物語は単調ではなく、観ていて飽きることなくエンディングまで観ていられる。

最初、見て行く中でミドリを演じている片桐はいりの独特な雰囲気が物語のアクセントになっていると思ったのですが、マサコ(もたいまさこ)も揃って、店主のサチエ(小林聡美)の3人が揃った際に、独特な雰囲気の3人だからこそ物語を面白くしていると感じる。

よくよく考えれば、物語の全般で若い女性が登場しない(主要メンバーにならない)映画なので、ある意味で珍しい作品と言える。男性に関してもトンミぐらいが若い男性であることを考えれば、ある意味で珍しい作品である。

正直、フィンランドでなくても海辺の田舎町などでも物語は成立するような気がするが、それも含めて日常の平坦さを描いた優れた映画作品だと言える。刺激的な内容は少ないが、それが魅力の作品でもある。

エルセーヌ「小顔」体験キャンペーン

独特な世界観は好きか嫌いがはっきりする

『かもめ食堂』で何気ない日常を描いている物語は、観ていて結構面白かった。ただ、人によってはスリルある展開に発展しないため、この世界観を気に入らない人も多いだろう。ハリウッド的な映画が好きな人は苦手で、ヨーロッパ的な映画が好きな人は面白いと思う作品である。

実際、サチエとミドリがメニューに関して一瞬揉めるようなシーンもあったが、観ていてここから変な言い争いや喧嘩は辞めて欲しいなぁと思っていたら、特に何もなくすんなりと終わっていた。このように、大きな物語に転換する出来事らしいものはおきるが、結局は些細なことで終わり日常を描き続けている感じがする。その点が最大の魅力でもある。

物語の伏線をつくっているのかな?と思えるシーンも多くあるのだが、伏線でもない場合が多い。そのため、厳密に言えば「えぇ?」と思える場面も多いのだが、『かもめ食堂』の雰囲気では許してしまう気持ちになる。

『かもめ食堂』の前で『小野寺の弟・小野寺の姉』を観て欲しい。似たような性格で片桐はいりが演じている映画作品である。誰かがレビューで書いていたが、まるで後日談の様に感じる作品でもある。

関連記事:『小野寺の弟・小野寺の姉』向井理と片桐はいりが姉弟を演じる愛ある物語

以上の様に、決して華やかな映画作品ではない『かもめ食堂』であるが、物語全般がほんわかしており、ストレスを感じることなく観ることができる作品である。もうちょっとフィンランドらしい場面があっても良かったかな?と思える点はあるが、日常の生活を描いた秀逸な映画作品である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。