• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』有村架純主演の肥薩おれんじ鉄道が舞台の映画

家族愛を求めた映画作品

『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』の基本情報

公 開2018年
監 督吉田康弘
時 間120分
出 演有村架純
國村隼
桜庭ななみ
歸山竜成
木下ほうか
筒井真理子
板尾創路
青木崇高
主題歌富貴晴美
配 給東宝
興行収入不明

あらすじ

奥薗晶(有村架純)は夫を突然亡くしたため、夫の連れ子である奥薗駿也( 歸山竜成)と共に鹿児島に住む義父の奥薗節夫( 國村隼 )に会いに行き住まわせてもらう。3人の共同生活が始まるが、そして奥薗節夫が勤める肥薩おれんじ鉄道の運転士試験を奥薗晶 は受けることを決めた。 ヒューマンドラマ「RAILWAYS」シリーズ第3作になる感動作品である。

公開年度別の映画作品一覧

家族の関係について考えさせられる映画

『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』では、家族愛を描いた作品であるが主人公の奥薗晶と連れ子である駿也、そして義父の節夫と3人が家族のあり方を模索していく作品である。

家族の設定からわかるように、物語全体は重たい雰囲気がある。ただ、重たい雰囲気ではあるけど良くも悪くも想定の範囲内のストーリー展開である。

物語の舞台を肥薩おれんじ鉄道としているので、もっと鉄道を色濃くしても良かったとは感じる。作品を観おわった後にレビューを見ていると感動したとのコメントが多かった印象である。ただ、実際に観てみると王道と言えば王道のストーリーなので、ある意味で解りやすい作品である。ただ、國村隼の演技が素晴らしくてよく、定年間近で実直で言葉数が少ない姿を見毎に演じているから物語がしまったと言える。

物語全般を通して、田舎町の地方鉄道の風景などと合わさって色鮮やかな姿で描かれている印象である。ただ、眉を顰めるシーンも何カ所かあった作品である。

エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ

映画を観た感想と世間のレビュー評価に差がある

『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』に関しては、國村隼の演技を楽しめた作品に感じた。ただ、奥薗晶の言動に関しては疑問に思える点がある。まず、子どもが好きと言う理由で肥薩おれんじ鉄道の運転士採用試験を受けている点に関しては動機が軽すぎる(*第三セクターもわかっていない点から勉強不足は否めない)。そして、研修中といっても乗客を乗せて運転している割には集中力がなさすぎる点が気になる。運転士である以上は、どの様な状況であっても安全に運行する意識を持たなくてはいけない…。そして、鹿と衝突した際の対応を考えれば明らかに運転士は不適切に感じる…。でも、会社から休む様に言われた際も反発している姿を見たら上司相手に、あの様な発言をしないだろうと思える(*よく言えば馴れ馴れしい一面がある、一方で家では敬語で話しているのだが)。

そして、亡くなった夫との思い出が不思議である。連れ子である以上は奥薗駿也との思い出も描かれても良いのだろうが、亡くなった夫との出来事ばかりである。病院で一緒の布団に入るシーンなどいらないだろう…。亡くなった夫もチャラすぎて何とも言えない感じになる。まるで、夫が亡くなってから息子との関係を義父と共に取り戻そうとしているのか。

確かに、子どもからショックなことを言われたのはわかるが、そもそもクラスメイトとの喧嘩の際の対応などに問題があるわけであるし、ショックなのはわかるが何も言わずに東京に帰るのは最低に感じた。

正直、普段はドラマや恋愛系の映画を観ないため有村架純に対してフラットな状況で観れることもあり主人公に対してはあまり感情移入できなかった。一方で、國村隼の演技で物語がしまった感じがある。有村架純は恋愛系の方が合ってる気がする…。そして、教師の妊娠(不倫でシングルマザーを選択)であるが、なぜ「おめでとう」と言えるのだろう?子どもに罪はないけど…何か違うだろうし…どこで友情みたいのが芽生えたのかな?

演出・脚本の仕方であるのだろうが、前半は非常に良い感じで進められた感はある。一方で、後半は唐突な展開である様に感じた。それぞれ、演技力はあったことを考えれば、惜しいと感じてしまう作品でもある。無理から感動作にもっていかなくても良かったのかな?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。