• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『アフロ田中』漫画原作のコメディ要素が強い映画

アフロ田中』のジワジワくる面白さ

『アフロ田中』の基本情報

公 開2012年
監 督松居大悟
原 作のりつけ雅春『上京アフロ田中』
時 間114分
出 演松田翔太
佐々木希
堤下敦
田中圭
遠藤要
主題歌鶴「夜を越えて」
配 給ショウゲート
興行収入1.84億円

あらすじ

天然パーマのアフロヘアーがトレードマークの田中広(松田翔太)は軽いノリで高校を中退してしまう。そして、自由を求めて上京するが冴えない日々を過ごしていた。24歳となった田中のところに友人から結婚するという知らせが届いた。田中は友人との約束を守るために結婚式までに恋人を連れて行かないといけなかった。

公開年度別の映画作品一覧

愛するべき男たちの物語

原作等は知らない状態で映画版『アフロ田中』を比較的ネタ映画かな?と思いながら観ました。コメディ的な要素が強いですが大爆笑というよりクスと笑える笑いが多いストーリーになります。原作を知らないこともあり、アフロという最高の面白さ活用されていない様に感じます。

物語自体は、馬鹿な男たちの物語を観ている感じになります。ある意味で、『中学生円山』に近いかもしれないが『アフロ田中』の方がもっと気軽に楽しめる作品と感じた。

関連記事:『中学生円山』中学生の妄想と現実が重なったミステリアスなコメディ映画

主人公の田中広が妄想癖というか、中々癖のある人物であるが映画の中では十分面白い役割を果たしている。ただ、中学生が大人になった感じの男たちが馬鹿をする物語として考えて良いので、良くも悪くも大爆笑するより、つい笑ってしまう程度の内容である。そのため、コメディ映画とは言い切れないかもしれない。

レビューを見ていると評価はあまり高くない点もあるが、映画作品としては十分楽しめた。原作を知らない分だけ、アフロでなくても良いのでは…と思ってしまうが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。