• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『マスカレード・ホテル』東野圭吾の長編ミステリ小説を豪華キャストで映画化

安定の面白さを魅せてくれる映画作品

『マスカレード・ホテル』の基本情報

公 開2019年
監 督鈴木雅之
時 間133分
出 演木村拓哉
長澤まさみ
小日向文世
梶原善
石川恋
濱田岳
前田敦子
菜々緒
生瀬勝久
橋本マナミ
松たか子
渡部篤郎
音 楽佐藤直紀
配 給東宝
興行収入46.4億円
H  Phttps://masquerade-night.jp/mh/

あらすじ

都内で3件の殺人事件現場には不可解な数字の羅列が残されていた。連続殺人事件として捜査が始まり、 警視庁捜査一課のエリート刑事である新田浩介(木村拓哉)は ホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止めるた。犯人を見つけるために潜入捜査に乗り出すが優秀なフロントクラークである山岸尚美(長澤まさみ)と衝突を繰り返す。はたして連続殺人事件の犯人を捕まえることができるのか。

公開年度別の映画作品一覧

美しい映像が物語を楽しませてくれる

『マスカレード・ホテル』の舞台は高級ホテルのため、奇麗なホテルの映像が映画自体を華やかにしてくれています。ミステリー映画として楽しむだけでなく、画面を楽しむことができる作品です。

キャスト人も豪華な顔ぶれが並んでいるので、物語に集中してみることができます。特に、小日向文世が演じている能勢はポイントポイントで 新田浩介(木村拓哉)と味のある絡み方をするので良い。また、新田の上司になる稲垣を演じている渡部篤郎が最初はアコムと思ってしまったのだが、警察の上司らしい堂々とした演技で物語を魅せてくれる。

山岸尚美を演じる長澤まさみもホテルマンらしい見事の演じ方をしているが、ついスカート短すぎない?や新田に振り回されている姿(困った顔)がドラゴン桜の桜木(阿部寛)でも同じような振り回され方だなぁと思って楽しめていた。

そして、主演の木村拓哉であるが、しっかりと演じている気がする。確かに、エリート捜査官というよりアウトローの雰囲気があるけども、それでも本作の中では十分作品の魅力を引き出している演技をしている。

目指せ!合計-8cmやせる体験【エルセーヌ】

ミステリー映画としては不満は残る

作品全般は面白かったがミステリー作品としては弱かった感じがする。前半部分で、前振りであるため仕方がないのだが、色々な迷惑な客が宿泊をしてくる。そして、それに対して上手く対応する山岸と刑事ならではの勘でクレーマーに対応する新田など面白さが満載であった。ただ、途中で…これはホテル映画ではなくミステリー映画なんだよな?と思ってしまった。

実際に、殺人事件が展開するまでの時間が長すぎた印象は受ける。もちろん、話の振りであることは理解できるがホテルを舞台にする映画として観ても面白く感じただろう。そのため、そう言えば物語が進んでいないなと思ってしまう。

そのため、前半戦が盛り沢山にストーリーがあった割には後半戦はスピーディーに物語が展開しすぎている気がしてしまう。もう1つ2つの山場があっても良かったのではないだろうか?刑事ものの映画としては優秀な作品であるが、ミステリー映画としては若干の不満が残る(ミステリー要素が弱い)。

そのため、ミステリー作品としては不満が多少は残ったが、物語全般は良いストーリーであった。ただ、最後が良くなかった…。続編につながる(匂わせる)描写が露骨すぎて一気に興ざめにされてしまった。新田がホテルを出すシーンで終われば格好よく終われたのに残念。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。