• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『星屑の町』歌謡コーラスグループの悲哀を描いたドラマ映画

のんが6年ぶりに映画に出演した作品

基本情報

公 開2020年
監 督杉山泰一
時 間129分
出 演大平サブロー
ラサール石井
小宮孝泰
渡辺哲
でんでん
有薗芳記
のん
菅原大吉
戸田恵子
小日向星一
相築あきこ
柄本明
音 楽宮原慶太
配 給東映ビデオ
興行収入
H Phttps://hoshikuzu-movie.jp/

 あらすじ

山田修(小宮孝泰 )をリーダーに結成された「山田修とハローナイツ」は十数年が経過して地方を回りながら活動を続けていた。そんな東北の田舎町へ巡業に訪れた際に、歌手に憧れる愛(のん)と出会う。その愛がハローナイツに入ろうとすることから思わぬ騒動に発展する。

公開年度別の映画作品一覧

ノスタルジックな感じが気持ち良い作品

全体的に地味な印象を受ける映画作品である。主人公はコーラスグループであり年配の男性たちの悲哀を感じながら、どこか懐かしく感じる作品に仕上がっている。

東北地方を巡業しているが、会話での訛り以外はそれほど東北地方の感じはない。ただ、歌謡コーラスグループをテーマにしていることもあり、曲も雰囲気も全てが懐かしく感じる作品に仕上がっている。

当初は、予想と違った雰囲気の作品となったが不思議と嫌な感じが残らなかった。むしろ、年配の男性が一生懸命頑張っている姿や翻弄されていく姿が面白く感じた。

決して派手な演出はないが、不思議と観ていて面白いと感じる作品である。

ムームードメイン

のんが久々の映画出演作品であるが…

のん(旧芸名は能年玲奈)が実写映画に出演した作品であり、『あまちゃん』で一世風靡した人物とは思えないぐらい地味な映画の出演となった。本作では歌手を憧れる愛を演じているが、のんのことを詳しく知らない人間にとって何でエンドロールで『あまちゃん』の名前が出ているのかな?と思えば、後で知ったぐらいである。

そのため、ひいき目なしで観た際に愛(のん)のキャラクターであるが、歌謡曲を歌うシーンもありファンにとっては嬉しい演出になるだろう。ただ、愛の性格が歌手を目指しているのは良いが世間知らずな面がありすぎる。自分の夢を優先するばかりで周りが見えていない点に何課か嫌なキャラクターだなと思ってしまった。その分だけ、年配の男性陣の悲哀感が印象強くなるため、ある意味では正解なのかもしれない。

また、最後のストーリーに関しても…何だかなぁと思ってしまう点も多かった。『あまちゃん』を見ていなかたので、どの様なキャラクターかはわからないが、愛(のん)の世間知らずさに周りが振り回されるストーリーとして観れば良い作品である。

良くも悪くも、本作の主人公は「山田修とハローナイツ」の年配男性陣である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。