• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『ピンポン』窪塚洋介が主演の熱血感がある卓球映画が面白い

『ピンポン』

基本情報

公 開2002年
監 督曽利文彦
原 作松本大洋『ピンポン』
時 間114分
出 演窪塚洋介
ARATA
中村獅童
サム・リー
大倉孝二
夏木マリ
竹中直人
主題歌SUPERCAR「YUMEGIWA LAST BOY」
配 給アスミック・エース
興行収入14億円

 あらすじ

小学校のガキ大将ペコ(窪塚洋介)は、いじめられっ子スマイル( ARATA )に卓球を教えた。いつまでもペコがトップであり続けて欲しいと思うスマイルであったが高校入学後の大会で幼馴染のアクマ( 大倉孝二 )に敗れてしまった。

映画紹介一覧ページへ

想像以上に熱い戦いが展開される

『ピンポン』はタイトル通り卓球をテーマにした映画であるが、想像以上に熱い戦いが展開される。ペコを演じる窪塚洋介がかなり癖の強い話し方で印象に残してくる。

ペコはガキ大将であり、自惚れた言動が強いが、アクマ( 大倉孝二 )に敗北してから再び卓球と向き合っていく。ただ、ドラゴンを演じる中村獅童の存在感が圧倒的である。敵役としての雰囲気が最高で、坊主だけでなく眉毛も失くすとは見た目が強面過ぎる感じが良い。

正直、ペコとスマイルの両方は脱力系の感じなのでドラゴン並みの強烈なキャラは映像を面白くしてくれる。正直、一番好きなキャラクターである。ペコは話し方のくどさがイラってくることもあるし、スマイルは暗すぎる。この幼馴染は何なの?と思ってしまうシーンもある。

竹中直人は、良くも悪くも竹中直人で安心できる存在でもある。実際に映画を観てみると、最初から最後まで目が離せなかった感じである。

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

卓球を楽しめる作品

本作ではスマイルがカットマンなど珍しいプレイスタイルも見ることができる。卓球の面白さが前面に出ている。ただ、中国留学生がかませ犬すぎないかな。

観ていて違和感を感じたのは、少し道に外れただけで当たり前の様にタバコ吸うやん!と思ってしまった。2002年の作品代から時代を感じさせてくれるのかな。

他校と勝手に練習試合しただけで退学など破天荒な内容も多い。ただ、ストーリーが突拍子もないので違和感がない。『ミックス。』とは違った面白さを感じた。

関連記事:『ミックス。』卓球の混合ダブルスを題材にした新垣結衣の主演映画

全般を通して卓球の面白さと同時にキャラクターの個性を感じることができました。中々、面白い作品です。まぁ、ペコの口調は気になる点はありますが窪塚洋介らしいと考えれば良いのかな。中村獅童の演技を観るだけでも価値がる作品である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。