• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『怪盗グルーのミニオン大脱走』今回も可愛くて楽しいアニメ映画

『怪盗グルーのミニオン大脱走』

基本情報

公 開2017年
監 督ピエール・コフィン
カイル・バルダ
時 間90分
出 演(吹き替え版)
笑福亭鶴瓶
生瀬勝久
中島美嘉
須藤祐実
矢島晶子
芦田愛菜
山寺宏一
松山ケンイチ
いとうあさこ
音 楽ヘイター・ペレイラ
主題歌ユニバーサル・ピクチャーズ
 東宝東和
興行収入$1,034,799,409
73.1億円

 あらすじ

『怪盗グルーのミニオン危機一発』のの続きになる時間設定であり、結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。そんな中で、グルーは反悪党同盟をクビになり途方にくれている時に双子の兄弟であるドルーがいることを知る。そして、ミニオンは悪の道に戻ろうとしないグルーから離れて新しいボスを求めて旅立ってしまった。

映画紹介一覧ページへ

今回はグルーが大活躍?

グルーは二度と悪党に戻らないと決めているのだが、反悪党同盟をクビになりどうしようもない状況に陥ってしまった。そのため、今回はグルーを中心に物語が動いている様に思える。

本作は双子の姉弟ドルーが登場するなど、能天気なお馬鹿なキャラクターでありグルーと対照的である。むしろ、ドルーはミニオンに近いぐらいに能天気さがある。そのためドタバタなシーンは更に増しているのだろう。

ルーシーと3人の子どもとの距離感を詰めようとする行動など、空回り押しているけど良い母親になろうとしている姿が非常に好感が持てて良かった。子ども達も相変わらずの個性でありユニコーン探しなど流石だなと思ってしまう。

ドルーの母親はチョイ役で終わっており、博士は凍ったままで終わってしまう。この2人も良い味を出していたの出番をもっと欲しかったが…。

ホテル比較サイト【ホテルズコンバインド】

大脱走とは何?とは思ってしまう

タイトルを見た際に、ミニオン大脱走とあるので、どんな大脱走をするのかと楽しみにしていた。そのため、大脱走がメインの内容かな?と思っていたのですが、これが大脱走と言えるのかな?と思ってしまった。作品によって中心となるミニオンが変わっていく点は良いので、もっと大活躍して欲しかったのが本音である。

もっとも、映画を観ていればミニオンとグルーの心が通っている姿は心温まる場面ではあった。そのため、もっとミニオンを描いてよかったのかな。

そして、全般を通して、それぞれのキャラクターが良い意味で完成していたので面白かった。ストーリーもメリハリがあって観ていて楽しかったのだが、最後は何か中途半端な終わり方だった気がする。もっと良いシーンで終わっていたのではないだろうか。

全般的に面白かった分だけ、最後が少し勿体なかったかな。でも、いつものEDでのミニオンが可愛かったので良かった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。