• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【京都嵐山・嵯峨野・大覚寺エリア】渡月橋~大覚寺周辺のお薦め観光地| 嵐山・天龍寺・野宮神社など

京都観光の人気エリアの観光スポット

天龍寺

天龍寺の基本情報

拝観時間■庭園(曹源池・百花苑)
 8:30~17:00 (受付終了16:50)
■諸堂(大方丈・書院・多宝殿)
 8:30~16:45 (受付終了16:30)
■法堂「雲龍図」特別公開
 9:00~16:30 (受付終了16:20)
定休日■庭園(曹源池・百花苑)
 年中無休
■諸堂(大方丈・書院・多宝殿)
 行事等により諸堂参拝休止日あり
■法堂「雲龍図」特別公開
 土日祝日のみ公開(春夏秋は毎日公開期間あり)
拝観料■庭園(曹源池・百花苑)
 高校生以上500円
 小中学生300円
 未就学児 無料
■諸堂(大方丈・書院・多宝殿)
 庭園料に300円の追加が必要
■法堂「雲龍図」特別公開
 500円
電話番号075-881-1235
住  所京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
最寄り駅・京福電車「嵐山」より徒歩1分
・阪急電車「嵐山」より徒歩15分
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」より徒歩1分
・京都市営バス「嵐山天龍寺」より徒歩1分
・京都バス「嵐山天龍寺」より徒歩1分
公式HPhttp://www.tenryuji.com/index.html

天龍寺について

足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を伴うために暦応2年(1339年)に夢窓礎石を開山として創建された臨済宗天龍寺派の大本山であり、京都五山の第1位であった。8度の火災により創建当時の面影はなくなったが、夢窓礎石により作庭された曹源池庭園は、亀山や嵐山を借景にした池泉廻遊式であり日本で最初に史跡・特別名勝に指定された。

【天龍寺】嵐山にある臨済宗京都五山第1位の天龍寺を古寺巡礼をする

嵯峨野 竹林の小径

嵯峨野 竹林の小径の基本情報

営業時間24時間利用可能
定休日年中無休
営業料無料
住  所京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
最寄り駅・京福電車「嵐山」より徒歩10分
・JR「嵯峨嵐山」より徒歩13分
・阪急電車「嵐山」から徒歩21分

嵯峨野 竹林の小径について

野宮神社から大河内山荘へと続く約400メートルの道であり、竹林で覆われた道を歩くことが出来るため京都でも人気の観光名所である。多くの観光客で賑わう通りである。

渡月橋

渡月橋の基本情報

営業時間24時間利用可能
定休日年中無休
入場料無料
住  所京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
最寄り駅・京福電車「嵐山」より徒歩2分
・阪急電車「嵐山」より徒歩8分
・JR「嵯峨嵐山」より徒歩11分

渡月橋について

承和年間(834年 – 848年)に僧道昌によって架橋したのが最初と言われているが、現在の位置に橋を架けたのは角倉了以である。現在の橋は昭和9年(1934年)に完成したものである。亀山上皇が橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから渡月橋と名付けられる。写真スポットとしても人気がある観光スポットである。

大覚寺

大覚寺の基本情報

拝観時間9:00〜17:00(受付は16:30まで)
定休日年中無休
*寺内行事により内拝不可日が有り
拝観料■お堂エリア
大人500円
小中高生300円
■大沢池エリア
大人300円
小中高生100円
電話番号075-871-0071
住  所京都市右京区嵯峨大沢町4
最寄り駅・JR「嵯峨嵐山」より徒歩16分
・京福電車「嵐山」より徒歩22分
・京都市営バス「大覚寺」徒歩すぐ
公式HPhttps://www.daikakuji.or.jp/

大覚寺について

貞観18年(786年)に嵯峨天皇の離宮を寺院に改められた真言宗大覚寺派の寺院。歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院であり嵯峨御所として知られる。狩野山楽による牡丹図・紅梅図(重文)などがある。境内の東にある大沢池は日本最古の林泉式庭園である。日本三大名月観賞地である。

嵯峨野トロッコ列車

嵯峨野トロッコ列車の基本情報

営業時間9:00台~16:00台(※曜日・季節により臨時列車の運行もあり)
定休日12月30日~2月末 ※HPで要確認
乗車料大人630円(均一価格)
小人320円(均一価格)
電話番号075-861-7444
住  所■トロッコ「嵯峨嵐山」
京都市右京区嵯峨天龍寺車道町
■トロッコ「亀岡」
京都府亀岡市篠町山本
最寄り駅■トロッコ「嵯峨嵐山」
 ・JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山」より徒歩5分
 ・京福電車「嵐山」より徒歩5分
 ・阪急電車「嵐山」より徒歩20分
■トロッコ「亀岡」
 ・JR山陰本線(嵯峨野線)「馬堀」より徒歩10分
公式HPhttp://www.sagano-kanko.co.jp

嵯峨野トロッコ列車について

トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの片道7・3キロメートルを約25分で結んでおり、保津川の四季を楽しむことが出来る。

【嵯峨野トロッコ列車】嵯峨野からトロッコ列車で保津峡の四季を楽しむ(嵐山)

野宮神社

野宮神社の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-871-1972
住  所京都市右京区嵯峨野宮町1
最寄り駅・京福電車「嵐山」より徒歩7分
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」から徒歩で10分
・阪急電車「嵐山」より徒歩15分
公式HPhttp://www.nonomiya.com/

野宮神社について

創建が800年頃の神社で伊勢神宮の斎宮に選ばれた皇女が1年間ここに籠った場所である。

【野宮神社】京都で恋愛成就を叶えてくれる神社に行こう

清凉寺

清凉寺の基本情報

拝観時間■本堂・庭園
9:00~16:00
(4・5・10・11月は17:00まで)
■霊宝館
9:00~17:00
(*4・5・10・11月のみ公開 )
定休日年中無休
拝観料一般400円 
 中学生・高校生300円
 小学生200円
 * 境内参拝自由
電話番号075-861-0343 
住  所京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
最寄り駅・京福電車「嵐山」より徒歩5分
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」から徒歩3分
・阪急電車「嵐山」より徒歩15分
公式HPhttp://seiryoji.or.jp/

清凉寺について

寛平7年(895年)頃に奝然が宋から帰国後に大清凉寺を計画したが亡くなり、弟子が釈迦如来立像を安置したことが始まり。嵯峨の釈迦堂として有名。

あだし野念仏寺

あだし野念仏寺の基本情報

拝観時間9:00~16:30(3月~11月) 
9:00~17:00(4・5・10・11月の土・日・祝)
9:00~15:30(12月~2月) 
定休日年中無休
臨時宗教式典、気象状況により休観となります。
拝観料大人500円
中・高校生400円
小学生無料
電話番号075-861-2221
住  所京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
最寄り駅・京都バス「鳥居本」より徒歩5分
公式HPhttp://www.nenbutsuji.jp/index.html

あだし野念仏寺について

空海が五智山如来寺を建て野ざらしの遺骸を埋葬した後に、法然が念仏道場として今の寺名に改めた。境内8,000体の石仏・石塔群は、化野に葬られた人たちの墓である。

【あだし野念仏寺】嵯峨野の端にある静けさに風情を出す寺院

嵐山モンキーパークいわたやま

嵐山モンキーパークいわたやまの基本情報

営業時間9:00~17:00
(冬は16:00まで)
定休日年中無休(但し大雨、大雪等は閉園)
入園料大人(高校生以上)550円
小人(4歳~中学生)250円
電話番号075-872-0950
住  所京都市西京区中尾下町61
最寄り駅・京福電車「嵐山」より徒歩
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」より徒歩
・阪急電車「嵐山」より徒歩5分
公式HPhttp://www.monkeypark.jp/

嵐山モンキーパークいわたやまについて

岩田山に自然状態で生息しているニホンザルを間近で見れる施設。餌やりもできますが、山を登るので歩きやすい服装の方が良いです。

【嵐山モンキーパークいわたやま】京都でニホンザルとふれあえる穴場スポット

車折神社

車折神社の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-861-0039
住  所京都市右京区嵯峨朝日町
最寄り駅・京福電車「車折神社」より徒歩1分
公式HPhttp://www.kurumazakijinja.or.jp/

車折神社について

平安時代後期の儒学者である清原頼業(きよはらよりなり)を祀った神社である。生前に清原頼業が好んだため桜が周囲に植えられたことで「桜の宮」と称されていた。鎌倉時代に後嵯峨天皇が牛車で嵐山を訪れた時に、神社の前で牛車の轅(ながえ:牛車をひっぱる部分)が折れてしまう。天皇はご祭神に気付かず前を通った非礼を詫び、「車折大明神」の号と正一位を贈られたことから車折神社と呼ばれるようになった。境内には芸能神社もあり、タレントや芸能関係の名が玉垣に書れている。

【車折神社】芸能の神様を祀る神社で才能を伸ばす(京都・嵐山)

二尊院

二尊院の基本情報

拝観時間9:00~16:30
定休日年中無休
拝観料大人(中学生以上)500円
小人(小学生以下)無料
電話番号075-861-0687
住  所京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
最寄り駅・京福嵐山本線「 嵐山」より 徒歩15分
・JR山陰本線 「嵯峨嵐山駅」より 徒歩19分
・京都市営バス「嵯峨釈迦堂前」より 徒歩10分
公式HPhttps://nisonin.jp/

二尊院について

承和年間(834年-848年)に慈覚大師円仁が開基した寺院である。広い参道は「紅葉の馬場」と呼ばれ紅葉の季節には多くの観光客が訪れる。

常寂光寺

常寂光寺の基本情報

拝観時間9:00~17:00(受付終了16:30)
定休日年中無休
拝観料大人400円
電話番号075-861-0435
住  所京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
最寄り駅・京福嵐山本線「 嵐山」より 徒歩25分
・JR山陰本線 「嵯峨嵐山」より 徒歩25分
・阪急電車「嵐山」より徒歩35分
・京都市営バス「嵯峨小学校前」より 徒歩15分
公式HPhttps://www.jojakko-ji.or.jp/

常寂光寺について

慶長年間(1596年〜1614年)にに本圀寺の日禎上人により創建された日蓮宗の寺院。小倉山の中腹にあり紅葉が美しい寺院である。

法輪寺

法輪寺の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-862-0013
住  所京都市西京区嵐山虚空蔵山町
最寄り駅・阪急電車「嵐山」より徒歩5分 
・京都市営バス「阪急嵐山駅前」徒歩5分
公式HPhttps://www.kokuzohourinji.com/

法輪寺について

和銅6年(713年)に元明天皇の勅願により行基により創建したのが始まり。天長6年(829年)に空海の弟子である道昌が虚空蔵菩薩像を安置し法輪寺と称した。『枕草子』には京都の代表的な寺院と挙げられ、境内には電気・電波守護の電電宮社がある。

御神神社

御神神社の基本情報

拝観時間24時間利用可能(社務所受付10:00~15:00)
定休日
拝観料境内自由
電話番号075-882-9771
住  所京都市右京区嵯峨小倉山田渕山町10
最寄り駅・ JR山陰本線「嵯峨嵐山」より徒歩15分
・ 嵯峨観光鉄道「トロッコ嵐山」すぐ
・京福嵐山線「嵐山」より徒歩8分
・阪急電車「嵐山」より徒歩20分
公式HPhttp://mikami-jinja.sakura.ne.jp/

御神神社について

藤原鎌足の末孫、藤原采女亮政之(うねめのすけまさゆき)公を祀っている。亀山天皇の時代(1259年~1274年)に藤原基晴が宝物紛失の責任をとり、諸国行脚しており、生計をたてるために三男の政之公が髪結職を始めた。後に、亀山天皇の御陵が近いこの地に建立しており、現在でも理髪業者の信仰が篤い。

祇王寺

祇王寺の基本情報

拝観時間9:00~16:30
定休日1月1日
拝観料大人300円
小人(小中高)100円
*大覚寺・祇王寺(2カ寺)共通拝観券600円(大人券のみ)
電話番号075-861-3574
住  所京都市右京区嵯蛾鳥居本小坂町32
最寄り駅・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」より徒歩25分
・京福電鉄「嵐山」より徒歩25分
・京都市営バス「嵯峨釈迦堂前」より15分
・京都市営バス「嵯峨小学校前」より17分
公式HPhttps://www.giouji.or.jp/

祇王寺について

『平家物語』に登場する清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が母と妹とともに出家し、入寺して余生を過ごした悲恋の尼寺として知られる。紅葉の名勝でもあり、苔庭から竹林庭園「祇王の小径」へと続く参道がある。

嵯峨鳥居本(愛宕神社・一之鳥居)

嵯峨鳥居本(愛宕神社・一之鳥居の基本情報)

営業時間24時間利用可能
定休日年中無休
入園料街並みのため無料
住  所京都市右京区嵯峨鳥居本(周辺)
最寄り駅・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」から徒歩25分

嵯峨鳥居本(愛宕神社・一之鳥居)について

文化財保護法に基づく「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている地区であり、小倉山の北ふもとから清滝付近にかけての地域の名である。愛宕神社の参詣道になる。

落柿舎

落柿舎の基本情報

拝観時間10:00~17:00
定休日12/31・1/1
拝観料250円
電話番号075-881-1953
住  所京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
最寄り駅・JR「嵯峨嵐山」より徒歩15分
・京福電車「嵐山」より徒歩20分
・阪急電車「嵐山」より徒歩30分
・京都市営バス・京都バス「嵯峨小学校前」より徒歩10分
公式HP

落柿舎について

松尾芭蕉の門下である向井去来(1651年~1704年)の住居跡である。松尾芭蕉も3度訪れ落柿舎を拠点に『嵯峨日記』を残した。今も風雅を愛す人が多く訪れている。

大河内山荘庭園

大河内山荘庭園の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料
電話番号075-872-2233
住  所京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8
最寄り駅・JR「嵯峨嵐山」より徒歩15分
・京福電車「嵐山」より徒歩15分
・阪急電車「嵐山」より徒歩25分
・京都市営バス・京都バス「野々宮」より徒歩10分
公式HP一般・高校・大学生 1,000円
小・中学生 500円

大河内山荘庭園について

映画俳優の大河内伝次郎(1898年~1962年)が小倉山に30年かけて造り上げた庭園。比叡山や京都の街並み、双ヶ丘(徒然草ゆかりの地)が眺められる四季折々の季節を楽しめる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。