• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【京都東山エリア(南)】(清水寺~八坂神社・祇園周辺)のお薦めの観光地

清水寺・祇園に代表される京都有数の観光地区

清水寺

清水寺の基本情報

拝観時間6:00~18:00・18:30(季節によって違う)
*夜間特別拝観もあります
定休日年中無休
拝観料高校生以上 400円
小・中学生 200円
電話番号075-551-1234
住  所京都市東山区清水1丁目294
最寄り駅・京都市営バス「五条坂」・「清水道」徒歩10分
・京阪電鉄「清水五条」徒歩20分
公式HPhttps://www.kiyomizudera.or.jp/

清水寺について

清水寺は法相宗系の寺院で、平安京遷都以前からの歴史をもっており創建は778年とされる。創建以来、10度を超える大火災にあいそのたびに堂塔を焼失しましたが、1633年に現在の伽藍はそのほとんどがに再建された。1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されている。また、石山寺(滋賀県)・長谷寺(奈良県)などと並び、日本でも有数の観音霊場である。

京都観光の定番 清水寺を参拝

地主神社

出典:地主神社HP

地主神社の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料高校生以上 400円
小・中学生 200円
電話番号 075-541-2097
住  所京都市東山区清水一丁目317
最寄り駅・京都市営バス「五条坂」・「清水道」徒歩10分
・京阪電鉄「清水五条」徒歩20分
公式HPhttps://www.jishujinja.or.jp/

地主神社について

地主神社の創建年代は神代(かみよ:日本の建国以前)とされ、近年の研究により「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることが確認されました。社殿は1633年に徳川家光により再建されており、明治時代に神仏分離令により清水寺から独立して地主権現社から地主神社と改められた。

恋占いの石で知られる縁結び祈願の地主神社(京都・東山)

二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)

営業時間24時間利用可能
定休日年中無休
住  所【二寧坂】京都市東山区桝屋町清水2丁目周辺
【産寧坂】京都市東山区清水2丁目221周辺
最寄り駅【二寧坂】
・京阪電車「祇園四条」より徒歩 
・阪急電車「河原町」より徒歩
【産寧坂】
・京阪電車「祇園四条」より徒歩 
・阪急電車「清水五条」より徒歩

二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)について

清水寺の参道としてつくられた石段の坂道であり、坂と家並みの美しい風景は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)はの北の八坂神社・円山公園~法観寺(八坂の塔)、清水寺を結ぶ坂道で1年を通して観光客が訪れる場所である。

八坂神社

拝観時間24時間利用可能
定休日年中無休
拝観料無料
電話番号075-561-6155
住  所 京都府京都市東山区祇園町北側625
最寄り駅・京阪「祇園四条」から徒歩5分
・阪急「河原町」から徒歩8分
・京都市営バス「祇園」バス停から徒歩直ぐ
公式HPhttp://www.yasaka-jinja.or.jp/

八坂神社について

創祀は斉明天皇2年(656)とされ、貞観11年(869)疫病流行の時に八坂神社の神にお祈りして始まりであり、厄除けの社として信仰を集めている。祭神は素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神であり、明治まで祇園社または感神院と称していた。

円山公園

営業時間年中無休
定休日24時間可能
入園料無料
電話番号075-643-5405
住  所京都市東山区円山町473他
最寄り駅京都市営バス「祇園」下車
京阪電鉄「祇園四条」から徒歩
阪急電鉄「京都河原町」から徒歩
公式HPhttps://kyoto-maruyama-park.jp/

円山公園について

明治19年(1886年)に開設された京都市最古の公園であり、東山を背景に約86,600㎡に回遊式日本庭園が中心にある。八坂神社・知恩院に隣接しており、祇園の夜桜で有名であり、国の名勝にも指定されている。桜の季節は多くの大学生が新歓を行っているのでも有名。

知恩院

拝観時間6:20~16:40
定休日年中無休
拝観料【友禅苑】
大人(高校生以上) 300円
小人(小・中学生) 150円
【方丈庭園】
大人(高校生以上) 400円
小人(小・中学生) 200円
【共通券】
大人(高校生以上) 500円
小人(小・中学生) 250円
電話番号075-531-2111
住  所京都市東山区林下町400 
最寄り駅・京阪電車「祇園四条」から徒歩14分
・阪急電車「京都河原町」から徒歩15分
・京都市営地下鉄「東山」から徒歩8分
・京都市営バス「知恩院前」から徒歩5分
公式HPhttps://www.chion-in.or.jp/

知恩院について

浄土宗総本山であり、承安5年(1175年)に法然上人が吉水の草庵を結んだことを起源とする。徳川家康・秀忠・家光らの保護により現在の壮大な伽藍が形成された。国宝御影堂・日本最大級の木造門国宝三門・日本最大級の梵鐘など多くの文化財に触れることができる。

高台寺

拝観時間9:00~17:30
*夜間ライトアップ期間17:00点灯~22:00
定休日年中無休
拝観料大人  600円
中高生 250円
共通割引拝観料(高台寺・圓徳院)900円
電話番号075-561-9966
住  所京都市東山区高台寺下河原町526
最寄り駅・京都市営バス「東山安井」から徒歩7分
・京阪電車「祇園四条」から徒歩10分
・阪急電車「河原町」から徒歩15分
公式HPhttps://www.kodaiji.com/

高台寺について

豊臣秀吉の菩提を弔うために、正室のねね(北政所)が慶長11年(1606年)に創建された臨済宗建仁寺派の寺院。小堀遠州作庭の池泉回遊式庭園(国指定史跡・名勝)があり、幾度かの火災により表門や開山堂などが残されてる。桜と紅葉が美しい境内は夜間のライトアップにより幻想的な雰囲気を出します。

建仁寺

拝観時間10:00~17:00
定休日4月19日・4月20日・6月4日・6月5日
(その他法要で休止日有り)
拝観料一般  600円
中高生 300円
小学生 200円
電話番号075-561-6363
住  所京都市東山区大和大路通四条下る小松町
最寄り駅・ 京阪電車「祇園四条」より 徒歩 7分
・ 阪急電車「河原町」より 徒歩10分
・京都市営バス
 「東山安井」より徒歩5分
 「南座前」より徒歩7分
 「祇園」より徒歩10分
 「清水道」より徒歩10分
公式HPhttps://www.kenninji.jp/

建仁寺について

建仁2年(1202年)に栄西により建立された京都最初の禅寺(臨済宗建仁寺派の大本山)。室町幕府により京都五山の第3位に序列された大寺院であるが戦乱にや幕府の弱体化により衰退した。天正年間(1573年~1592年)頃に安国寺恵瓊により再興され江戸幕府の保護を受けた。また、文化財として俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が有名。

六波羅蜜寺

拝観時間8:00~17:00
定休日年中無休
拝観料大人 600円
中学生~大学生  500円
小学生 400円
電話番号(075)561-6980 
住  所京都府京都市東山区轆轤町81-1
最寄り駅・京阪電車「清水五条」より徒歩7分
・阪急電車「四条河原町」より徒歩15分
・京都市営バス「清水道」より徒歩7分
公式HPhttps://www.rokuhara.or.jp/

六波羅蜜寺について

応和3年(963年)に空也により開かれた真言宗智山派の寺院である。西国三十三ヵ所第17番札所であり国宝本尊の十一面観音像・空也上人像(重文)・平清盛像(重文)など平安時代や鎌倉時代の文化財を多数所蔵している。

青蓮院

拝観時間9:00~17:00
*春・秋の夜間ライトアップあり
定休日年中無休
拝観料大人500円
中高生400円
小学生200円
電話番号075-561-2345
住  所京都市東山区粟田口三条坊町69-1
最寄り駅・京都市営地下鉄「東山」から徒歩5分
・京都市営バス「神宮道」から徒歩3分
公式HPhttp://www.shorenin.com/

青蓮院について

天台宗の京都五箇室門跡の一つであり、天台座主行玄が平安後期に院の御所に準じて建立。池泉回遊式の庭園が有名であり、日本三不動の一つ青不動明王(国宝)を有していることでも有名である。

法観寺・八坂の塔

拝観時間10:00~15:00
定休日不定休
拝観料中学生以上500円
*中学生未満は階段が急なため入場不可
電話番号075-551-2417
住  所京都市東山区清水八坂上町388
最寄り駅・京都市営バス「東山安井」から徒歩5分
・京都市営バス「清水道」から徒歩5分

法観寺・八坂の塔について

臨済宗建仁寺派の寺院であり、通称「八坂の塔」と呼ばれて東山エリアのシンボルになっている。創建は飛鳥時代に八坂氏の氏寺として創建される。五重塔は焼失後に永享12年(1440年)足利義教によって再建された。

安井金毘羅宮

拝観時間終日参拝可能
*授与所は9:00~17:30
定休日年中無休
拝観料無料
電話番号075-561-5127
住  所京都市東山区東大路通松原上ル下弁天町70
最寄り駅・京阪電車「祇園四条」から徒歩20分
・京都市営バス「東山安井」から 徒歩約3分
公式HPhttp://www.yasui-konpiragu.or.jp/

安井金毘羅宮について

藤原(中臣)鎌足が一堂を創建し紫色の富士を植え藤寺としたことが始まりである。その後、建治年間(1275~77)に建立された光明院観勝寺が寺院の起こりである。応仁の乱により荒廃したが、元禄8年(1695年)に太秦安井にあった蓮華光院が当地に移建された時に金刀比羅宮より勧請した大物主神と、源頼政を祀ったことから安井の金比羅さんの名で知られるようになった。悪縁を切り良縁を結ぶ神社。大量のお札が貼られた「縁切り縁結び碑」が有名な寺院である。

六道珍皇寺

拝観時間9:00~16:00
定休日12/28~12/31
拝観料境内自由
【特別拝観】
大人500円
中学生300円
小学生200円
電話番号075-561-4129
住  所京都市東山区松原通東大路西入北側小松町595
最寄り駅・京都市営バス「清水道」より徒歩5分
公式HPhttp://www.rokudou.jp/

六道珍皇寺について

承和3年(836年)に創建された臨済宗建仁寺派の寺院であり六道さんで知られる。現世と冥界の生死の境つまり「六道の辻」と考えられ、小野篁が冥土へ通った往還の井戸という不思議な伝説も残っている。但し堂内(重要文化財の本尊薬師如来や冥途通いの井戸、地獄絵等)の拝観は事前申し込みが要る

圓徳院

拝観時間10:00~17:00
定休日年中無休
拝観料大人500円
中高生200円
共通割引拝観券(高台寺、掌美術館、圓徳院)900円
電話番号075-525-0101
住  所京都市東山区高台寺下河原町530
最寄り駅・京都市営バス「東山安井」から徒歩7分
・京阪電車「祇園四条」から徒歩20分
・阪急電車「河原町」から徒歩20分
公式HPhttps://www.kodaiji.com/entoku-in/index.html

圓徳院について

慶長10年(1605年)に建てられ、後に寺院となる。豊臣秀吉の正妻である北政所(ねね)が晩年過ごした場所であり重要文化財の長谷川等伯の襖絵、国名勝指定の伏見城前庭からの移築された枯山水庭園がある。春と秋にライトアップが行われている。

粟田神社

拝観時間8:30~17:00
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-551-3154
住  所東山区粟田口鍛冶町1
最寄り駅・京都市営地下鉄「東山」・「蹴上」から徒歩5分
・京都市営バス「神宮道」から徒歩3分
公式HPhttps://awatajinja.jp/

粟田神社について

大己貴命の疫病除け御神託による創建で、‘牛頭天王’を祭った粟田口の総社だった。のち天台宗青蓮院門跡の鎮守社になる。スサノオノミコトを祭り、厄除け、旅立ち守護の神となっている。剣鉾は祇園祭の山鉾の原形と云われており、 室町時代には祇園会が行われない際は粟田祭をもって御霊会としたと伝えられる。

京都霊山護国神社

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
拝観料大人300円
小中学生200円
電話番号075-561-7124
住  所京都市東山区清閑寺霊山町1
最寄り駅・京都市営バス「東山安井」から徒歩10分
公式HPhttp://www.gokoku.or.jp/index.html

京都霊山護国神社について

明治元年に「霊山官祭招魂社」として全国で初めて創立され、昭和14年に京都霊山護国神社と改称された。境内には坂本龍馬・中岡慎太郎・桂小五郎などの墓があることもあり参道は維新の道と呼ばれている。

長楽寺

拝観時間9:00~17:00
定休日木曜(特別拝観の期間中は休日なし)
拝観料大人500円
高校生500円
小人250円
電話番号075-561-0589
住  所京都市東山区八坂鳥居前東入円山町626
最寄り駅・京都市営バス「祇園」から徒歩10分
・京阪電車「祇園四条」から徒歩15分
公式HPhttp://www.age.ne.jp/x/chouraku/index.html

長楽寺について

延暦24年(805年)に桓武天皇の勅命により最澄が観世音菩薩を本尊として天台宗の寺院として創建される。建礼門院が平家滅亡後に落飾した寺としても有名。室町時代の初期に時宗に改宗している。境内には頼山陽・頼三樹三郎親子の墓がある。

霊山歴史館

営業時間9:00~17:30(入館17:00まで)
定休日毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
*展覧会の切り替え時には展示替え休館日あり
入園料大人900円
高校生・大学生500円
小中学生300円
電話番号京都市東山区清閑寺霊山町1
住  所京都市東山区清閑寺霊山町1
最寄り駅・京都市営バス「清水道」から徒歩7分
・京都市営バス「東山安井」から徒歩7分
・京阪電車「祇園四条」から徒歩20分
・阪急電車「河原町」から徒歩25分
公式HPhttps://www.ryozen-museum.or.jp/

霊山歴史館について

幕末・明治維新期の文化財を展示している。倒幕派志士の遺品とともに、新選組・徳川慶喜・松平容保など幕府側に関する資料も多くある。討幕と佐幕の両面から歴史を知ることができる資料館である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。