• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【京都中心部エリア】東寺・三十三間堂・二条城・京都御所周辺のお薦め観光地

京都の中心部にあり交通の便が良い観光地

京都御所(京都御苑)

京都御所(京都御苑)の基本情報

拝観時間9:00~16:30(3月・9月)(入場は15:50まで)
9:00~16:00(10月~2月)(入場は15:20まで)
9:00~17:00(4月~8月)入場は16:20まで)
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/28~1/4)
行事等が行われる日
拝観料無料
電話番号075-211-1215
住  所京都市上京区京都御苑内
最寄り駅・京都市営地下鉄「今出川」より徒歩5分
・京都市営バス「烏丸今出川」より徒歩5分
・京阪電車「出町柳」より徒歩15分
公式HPhttps://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html

京都御所(京都御苑)について

東西約250メートル、南北約450メートルの京都御苑の中央北部にあるのが京都御所である。現在の建物は安政2年(1855年)に再建されたものであるが、紫宸殿を始めとし、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など平安時代以降の建築様式の移り変わりを見学することが出来る。

二条城

二条城の基本情報

拝観時間■開城時間
 8:45~16:00(閉城 17:00)(10月~6月)
 8:00~17:00(閉城18:00)(7月~8月)
 8:00~16:00(閉城17:00)(9月)
■二の丸御殿
 8:45~16:45(9月~6月)
 8:45~17:15(7月~8月)
定休日■休城日
 年末 12月29日~31日
■二の丸御殿
 毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日
 1月1日~3日、12月26日~28日
*該当日が祝日の場合は翌日が休殿
拝観料■入城料・二の丸御殿観覧料
 大人1,030円(入場料のみ620円)
 中高生350円
 小学生200円
■展示収蔵館観覧料
 100円
*地下鉄やバスの1日パスで割引あり
電話番号075-841-0096
住  所京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
最寄り駅・京都市営地下鉄東西線「二条城前」より徒歩すぐ
・JR嵯峨野線「二条」より徒歩17分
・京都市営バス「二条城前」より徒歩すぐ
公式HPhttps://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/

二条城について

慶長8年(1603年)に徳川家康によって建てられ、寛永3年(1626年)に3代徳川家光によって増築が行われ現在の規模となった。国宝や需要文化財も多く大政奉還の場となった二の丸御殿では、鴬(うぐいす)張りの廊下や、狩野派絵師の手による障壁画が有名である。

京都水族館

京都水族館の基本情報

営業時間10:00~18:00
*季節により営業時間が変わります。HPを確認してください
定休日年中無休
入園料大人2,200円
高校生1,700円
中・小学生1,100円
幼児(3歳以上)700円
電話番号075-354-3130
住  所京都市下京区観喜寺町35-1
最寄り駅・JR京都本線「京都」より徒歩15分
・JR山陰本線「梅小路京都西」より徒歩7分
・京都市営バス「七条大宮・京都水族館前」より徒歩すぐ
公式HPhttps://www.kyoto-aquarium.com/index.html

京都水族館について

2012年に内陸型の水族館としてオープンをした。「水と共につながる、いのち。」をコンセプトに、国の特別天然記念物オオサンショウウオやイルカスタジアムなどが人気。ペンギンの相関関係はファンが多い。

【京都水族館】JR京都駅から徒歩で行ける水族館の魅力

三十三間堂(蓮華王院)

三十三間堂(蓮華王院)の基本情報

拝観時間8:30~17:00(受付終了16:30)4/1~11/15 
9:00~16:00(受付終了15:30)11/16~3/31 
定休日年中無休
拝観料一般600円
中高生400円
小学生250円
電話番号075-561-0467
住  所京都市東山区三十三間堂廻町657
最寄り駅・京都市営バス「博物館三十三間堂前」より徒歩すぐ
・京阪電車「京阪七条」より徒歩7分
公式HPhttp://sanjusangendo.jp/

三十三間堂(蓮華王院)について

長寛2年(1164年)に後白河上皇が発願して平清盛が寄進して創建された天台宗の寺院。南北120mの長いお堂には中尊丈六千手観音坐像を中心に千体の等身大千手観音立像、観音二十八部衆像(全て国宝)が並んでいる。通し矢で有名。

東寺

東寺の基本情報

拝観時間■境内
 5:00~17:00
■金堂・講堂
 8:00~17:00 (16:30受付終了)
■宝物館・観智院
 9:00〜17:00(16:30受付終了)
定休日年中無休
拝観料拝観は無料。有料施設は特別拝観日のみ入場可能。
■五重塔初層、金堂・講堂
 大人800円
 高校生700円
 中学生以下500円
■観智院
 大人500円
 中学生以下300円
■共通券
 大人1,000円
 中学生以下600円
電話番号075-691-3325
住  所京都市南区九条町1
最寄り駅・JR・地下鉄「京都」より徒歩15分
・近鉄電車「東寺」より徒歩10分
・京都市営バス「東寺東門前」より徒歩すぐ
公式HPhttps://toji.or.jp/

東寺について

延暦13年(794年)の平安京造営時に羅城門の東西に建立された官寺の1つで弘仁14年(823年)に空海に下賜された。密教美術も数多くあり(国宝80点・重文24,000点)の数多くの文化財があり、金堂は豊臣秀頼により再建、五重塔は徳川家光が再建されている。1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。

西本願寺

西本願寺の基本情報

拝観時間5:30~17:00
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-371-5181
住  所京都市下京区堀川通花屋町下ル
最寄り駅・JR・近鉄・地下鉄「京都」より徒歩15分
・京都市営バス「西本願寺前」より徒歩すぐ
公式HPhttps://www.hongwanji.kyoto/

西本願寺について

文永9年(1272年)に親鸞聖人の末娘覚信尼が京都の東山大谷に建立した廟堂に始まる。天正19年(1591年)に豊臣秀吉により寺地が寄進されて現在地に移った。慶長7年(1602年)に本願寺は東西に分立している。御影堂は寛永13年(1636年)に再建されたものであり、わが国最古の能舞台や飛雲閣(伏見城の遺構)など桃山文化の多数所有している。

智積院

智積院の基本情報

拝観時間9:00~16:00
定休日12月29日~12月31日
拝観料一般500円
高校生300円
中学生300円
小学生200円
電話番号075-541-5361
住  所京都市東山区東瓦町964番地
最寄り駅・京阪電車「京阪七条」より徒歩10分
・JR・京阪電車「東福寺」より徒歩15分
・京都市営バス「東山七条」より徒歩3分
公式HPhttps://chisan.or.jp/

智積院について

南北朝のころ創建された紀州根来山の学頭寺院が起源の真言宗智山派総本山。慶長6年(1601年)に徳川家康により土地を与えられ再興。後に、豊臣秀吉の愛児鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲禅寺の寺領を徳川家康が寄進し拡充する。、五百佛山根来寺智積院と改められた。長谷川等伯一派による桜・楓図(国宝)などの障壁画を保有している。

東本願寺

東本願寺の基本情報

拝観時間6:20~16:30 (11月~2月)
5:50~17:30( 3月~10月)
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-371-9181
住  所京都市下京区常葉町754
最寄り駅・JR・近鉄・地下鉄「京都」より徒歩7分
・京都市営地下鉄「五条」より徒歩5分
・京都市営バス「烏丸七条」より徒歩1分
公式HPhttp://www.higashihonganji.or.jp/

東本願寺について

慶長9年(1604)御影堂を建立し真宗大谷派の本山となる。現在の建物は明治28年に再建されたもので、世界最大級の木造建築として知られる。親鸞の木像(御真影)を安置する「御影堂」と本尊である阿彌陀如來を安置する「阿弥陀堂」の両堂でつくられる。京都駅すぐにあるため駅から北に歩けばすぐに寺院につく。

壬生寺

壬生寺の基本情報

拝観時間8:30~16:30
定休日年中無休
拝観料境内自由
歴史資料室200円
電話番号075-841-3381
住  所京都市中京区坊城通仏光寺上る
最寄り駅・京都市営バス「壬生寺道」より徒歩すぐ
公式HPhttp://www.mibudera.com/

壬生寺について

正暦2年(991年)に三井寺の僧快賢が創建した寺院で、円覚上人が悪疫駆除のため壬生狂言を始めたことから地蔵信仰が盛んになる。寺の近隣には幕末に新選組の駐屯所があり、境内の壬生塚には新選組隊士11名の墓と近藤勇の胸像があることから新選組ファンで人気の寺院である。

京都国立博物館

京都国立博物館の基本情報

営業時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日月曜日・年末年始
*月曜日が祝日・休日は翌火曜日が休館
*臨時休館有り
入園料一般700円
大学生350円
高校生以下は無料
電話番号075-525-2473
住  所京都市東山区茶屋町527
最寄り駅・京阪電車「京阪七条」より徒歩7分
・JR・近鉄・地下鉄「京都」より徒歩20分
・京都市営バス「東山七条」より徒歩1分
公式HPhttps://www.kyohaku.go.jp/jp/

京都国立博物館について

明治30年(1897年)に帝国京都博物館として開館した。片山東熊が設計した特別展示館(国指定重要文化財)と、平常展示館で構成されている。噴水広場ではロダンの彫刻「考える人」があり、多くの文化財を見ることが出来る。

京都駅ビル

京都駅ビルの基本情報

営業時間ショッピング・食事関連は店舗の営業時間に準ずる
定休日年中無休
入場料無料
電話番号075-361-4401
住  所京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
最寄り駅JR・近鉄・地下鉄「京都」に直結
公式HPhttps://www.kyoto-station-building.co.jp/

京都駅ビルについて

平成9年(1997年)に梅田スカイビルや札幌ドームを手掛けた原広司により設計された近代建築。4階から11階までつきぬけた大階段や空中径路があり約1万5000個のLEDを使用したイリミュレーションが使われている。ショッピング・食事・景色など色々な楽しみ方がある。

京都タワー

京都タワーの基本情報

営業時間11:00~19:00(最終入場18:30) *コロナの影響で変更中
定休日年中無休
入場料大人800円
高校生 650円
小中学生 550円
幼児(3歳以上) 150円
電話番号075-361-3215
住  所京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町721-1
最寄り駅・JR・近鉄・地下鉄「京都」より徒歩2分
公式HPhttps://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/

京都タワーについて

地上131メートルの展望塔であり、京都の街を照らす灯台をイメージしたものである。古都京都を360度楽しめ、烏丸通が一筋に北に延びているのがわかり夜景は綺麗である。

六角堂

六角堂の基本情報

拝観時間6:00~17:00
定休日年中無休
拝観料境内無料
電話番号075-221-2686
住  所京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
最寄り駅・京都市営地下鉄「烏丸御池」より徒歩3分
・阪急京都線「烏丸」より徒歩5分
公式HPhttps://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

六角堂について

聖徳太子が創建したという寺だが、室町時代からは町衆とのかかわりが深い町堂にもされた。本堂が六角の建物なので六角堂と呼ばれ、華道家元(池坊)でも知られる。昔からここが京都の真ん中といわれ、その証拠品という「へそ石」が境内に残る。京都の中心地である四条烏丸か烏丸御池から歩いていける距離にあります。

【六角堂】華道(池坊)発祥の地であり京都中心の寺院

梅小路公園

梅小路公園の基本情報

営業時間24時間営業
*朱雀の庭・いのちの森9:00~17:00(最終入場16:30まで)
定休日年中無休
*緑の館及び朱雀の庭・いのちの森
 月曜日(祝日の場合その翌日),年末年始(12月28~1月4日)
入園料無料
電話番号075-352-2500
住  所京都市下京区観喜寺町56-3
最寄り駅・JR嵯峨野線「梅小路京都西」すぐ
・JR・地下鉄・近鉄「京都」より徒歩15分
・京都市営バス「七条大宮・京都水族館前」すぐ
・京都市営バス「梅小路公園・京都鉄道博物館前」すぐ
公式HPhttp://www.kyoto-ga.jp/umekouji/index.html

梅小路公園について

平成7年(1995年)に開園した面積約13.7ヘクタールの都市公園である。日本庭園『朱雀の庭』や、京都で初めての復元型ビオトープ『いのちの森』がある。園内ではイベントも開かれ子ども達が遊ぶのに適している場所である。

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館の基本情報

営業時間10:00~17:30(入館は17:00まで)
定休日毎週水曜日(祝日を除く)、年末年始等
入園料一般 1,200円
大学生・高校生 1,000円
小・中学生 500円
電話番号0570-080-462
住  所京都市下京区観喜寺町
最寄り駅・JR嵯峨野線「梅小路京都西」すぐ
・JR・地下鉄・近鉄「京都」より徒歩15分
・京都市営バス「七条大宮・京都水族館前」すぐ
・京都市営バス「梅小路公園・京都鉄道博物館前」すぐ
公式HPhttp://www.kyotorailwaymuseum.jp/

京都鉄道博物館について

平成28年(2016年)に開業した博物館で基本コンセプトは「地域と歩む鉄道文化拠点」として展示されている。本物のSLが牽引する客車に乗車することができる体験展示「SLスチーム号」、日本最大級の「鉄道ジオラマ」などを中心に多くの電車や設備がある。

方広寺

方広寺の基本情報

拝観時間9:00~16:00
定休日不定休
拝観料境内無料
(本堂拝観は大人200円、中学生以下100円)
電話番号075-561-1720
住  所京都市東山区正面通大和大路東入茶屋町527-2
最寄り駅・京阪電車「京阪七条駅」より徒歩8分

方広寺について

天正14年(1586)に豊臣秀吉が奈良・東大寺にならって大仏造立をつくり、全高約19mあったという木製大仏だったが慶長元年(1596年)で倒壊する。大坂の役の原因となる「国家安康 君臣豊楽」の銘文が刻まれた巨大な梵鐘(重文)は今も残っている。

神泉苑

神泉苑の基本情報

拝観時間8:30~20:00
定休日年中無休
拝観料境内無料
電話番号075-821-1466
住  所京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町167
最寄り駅・阪急電車「四条大宮」より徒歩10分
・JR「二条」より徒歩10分
・京都市営地下鉄「二条城前駅」より徒歩2分
・京都市営バス「神泉苑前」すぐ
公式HPhttp://www.shinsenen.org/index.html

神泉苑について

延暦13年(794)、桓武天皇により禁苑として造営されており(*京都御所の位置は今の時代と違う)、空海が祈雨の修法をし、祇園祭の発祥地でもある。天皇や公家が船を浮かべ、歌や花、音楽を楽しんだ場所である。

本能寺

本能寺の基本情報

拝観時間6:00~17:00
定休日■大寶殿宝物館
年末年始・展示替え日
拝観料■境内自由
■大寶殿宝物館
 大人500円
 中高生300円
 小学生250円
電話番号075-231-5335
住  所京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
最寄り駅・京都市営地下鉄東西線「市役所前」すぐ
・京阪電車「三条」より徒歩5分
・阪急電車「河原町」より徒歩10分
・京都市営バス「市役所前駅」すぐ
公式HPhttp://www.kyoto-honnouji.jp/index.html

本能寺について

応永22年(1415年)に日隆上人によって創建された法華宗本門流の大本山である。天正10年(1582年)に織田信長が明智光秀に討たれた本能寺の変は有名であるが、現在地に移ったのは天正17年(1589年)である。現在の本堂は昭和3年(1928年)に再建されたものである。

八木邸

八木邸の基本情報

拝観時間9:00~17:00(受付は16:30まで)
定休日不定休
拝観料■ガイド・抹茶・屯所餅付き
 大人1,100円(税込)
 中高生1,100円(税込)
 小人800円(税込)
■見学のみ
 中高生600円(税込)
 小 人300円(税込)
電話番号075(841)―0751
住  所京都市中京区壬生梛ノ宮町24
最寄り駅・阪急電車「大宮」より徒歩10分
・京福電鉄「四条大宮」より徒歩10分
・京都市営バス「壬生寺道」より徒歩1分
公式HPhttps://www.mibu-yagike.jp/

八木邸について

文久3年(1863年)に芹沢鴨や近藤勇ら13人の宿舎としたことから新選組発祥の地として人気の観光地である。幕末の特に新選組ファンから絶大な人気がある。

今熊野神社

今熊野神社の基本情報

拝観時間24時間
定休日年中無休
拝観料無料
電話番号075-561-4892
住  所京都市東山区今熊野椥ノ森町42
最寄り駅・京阪電車「七条」より徒歩15分
・JR・京阪「東福寺」より徒歩15分
・京都市営バス「今熊野」より徒歩3分
公式HPhttp://imakumanojinja.or.jp/

今熊野神社について

平安時代後期に後白河上皇が平清盛に命じて、熊野の神を勧請して霊地熊野を再現した熊野の新宮。室町時代には観阿弥・世阿弥父子が3代将軍足利義満の面前で「猿楽」を演能したことでも有名。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。