• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【京都東山エリア(北)】(平安神宮(岡崎)~慈照寺(銀閣)周辺)のお薦め観光地

東山の静寂を楽しめる人気の観光地区

慈照寺(銀閣)

慈照寺(銀閣)の基本情報

拝観時間■夏季 (3月1日~11月30日)
 8:30~:17:00
■冬季 (12月1日~2月末日)
 9:00~16:30
定休日年中無休
拝観料大人(高校生以上)500円
小・中学生300円
電話番号075-771-5725
住  所京都市左京区銀閣寺町2
最寄り駅・京阪電車「出町柳」より徒歩 
・京都市営バス「銀閣寺道」より徒歩10分
・京都市営バス「銀閣寺前」より徒歩5分
公式HPhttps://www.shokoku-ji.jp/ginkakuji/

慈照寺(銀閣)について

文明14年(1482年)に足利義政の山荘東山殿を寺院に改めた臨済宗相国寺派の寺院。宝形造り二層の楼閣である銀閣が有名だが、池泉回遊式庭園(特別名勝・特別史跡)と隣接する東求堂(国宝)は書院造りの原型である。平成6年(1994年)「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された

南禅寺

南禅寺の基本情報

拝観時間8:40~17:00(3月~11月)
8:40~16:30(12月~2月)
定休日12月28日~31日は一般拝観はでいない
拝観料■方丈庭園
 ・大人600円
 ・高校生500円
 ・小中学生400円
■三門
 ・大人600円
 ・高校生500円
 ・小中学生400円
■南禅院
 ・大人400円
 ・高校生350円
 ・小中学生250円
電話番号075-771-0365
住  所京都府京都市左京区南禅寺福地町
最寄り駅・京都市営地下鉄「蹴上駅」徒歩10分
・京都市営バス「東天王町」徒歩10分
・京都市営バス「南禅寺・永観堂道」徒歩10分
公式HPhttp://www.nanzen.net/index.html

南禅寺について

日本の禅寺でも最も格式が高く、京都五山・鎌倉五山の上におかれる別格扱いの臨済宗の寺院である。三門は石川五右衛門の歌舞伎で有名なシーンで描かれており、方丈庭園は小堀遠州作の「虎の子渡し」と呼ばれて江戸時代初期の代表的な枯山水である。境内には琵琶湖疎水が流れる水路閣もありインスタスポット(写真撮影)としても有名である。

【南禅寺】京都・鎌倉五山の別格扱いの臨済宗の寺院

永観堂

永観堂の基本情報

拝観時間9:00~17:00(受付は16:00まで)
定休日年中無休
拝観料大人600円
小・中・高生400円
*諸堂および庭園の拝観料
*寺宝展開催期間のみ1,000円
電話番号075-761-0007
住  所京都市左京区永観堂町48
最寄り駅・京都市営地下鉄東西線「蹴上」より徒歩15分
・京都市営バス「南禅寺・永観堂道」より徒歩3分
公式HPhttp://www.eikando.or.jp/

永観堂について

浄土宗西山禅林寺派の総本山で永観堂の名前で知られているが正しくは禅林寺という。仁寿3年(853年)に空海の弟子真紹が真言宗の道場としたことが始まり。延久4年(1072)第7世永観以降、徐々に浄土念仏道場へ移り変わった。みかえり阿弥陀如来や紅葉の名勝として有名である。

哲学の道

哲学の道の基本情報

営業時間年中無休
料  金無料
住  所京都府京都市左京区 *固定の住所はない
最寄り駅【北端】京都市営バス「銀閣寺前」から徒歩10分
【南端】京都市営バス「東天王町」から徒歩10分

哲学の道について

銀閣寺(北端)と若王子神社(南端)の間を結ぶ約2kmの散歩道である。京都大学教授であった西田幾多郎が毎朝の散歩で思想を深めたことにが名前の由来。脇おに流れる運河は琵琶湖疎水であり南から北へ流れている。桜の名所であり、橋本関雪(日本画家)によって寄贈された桜が並び、四季折々の表情を見せてくれる。

【哲学の道】京都で有数の桜スポットであり四季を楽しめる散歩ルート

平安神宮

平安神宮の基本情報

拝観時間6:00~18:00(神苑拝観は8:30~)
(3/1~14・10月は17:30・ 11~2月は17:00)
定休日10月22日午後のみ
拝観料■神苑入園料(神苑以外は無料)
大人 600円
小人 300円
電話番号075-761-0221
住  所京都市左京区岡崎西天王町97
最寄り駅・京都市営地下鉄「東山駅」から徒歩10分
・京阪電車「三条駅」「神宮丸太町駅」から徒歩15分
・京都市営バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩3分
公式HPhttp://www.heianjingu.or.jp/

平安神宮について

平安京遷都1100年を記念して創建された神社であり、1894年が日清戦争中であったために明治28年(1895年)に市民の総社として鎮座された。平安京の応天門・大極殿・朝堂院(社殿)を模した鮮やかな朱色の建築物が並ぶ。10月22日の時代祭行列は京都の三大祭りの一つに数えられる。

【平安神宮】平安時代の雰囲気を知れる京都岡崎の人気観光スポット

インクライン

インクラインの基本情報

営業時間24時間開放
定休日年中無休
料金無料
住  所京都府京都市東山区東小物座町339
最寄り駅京都市営地下鉄「蹴上駅」から徒歩約3分

蹴上インクラインについて

1891年(明治24年)から1948年(昭和23年)まで琵琶湖疎水で京都~大津間の船を運航するために敷設された全長582m(世界最長)の傾斜鉄道跡になる。現在は京都市の文化財に指定されており、約90本のソメイヨシノやヤマザクラが廃線路の両側に植えられており、観光客で賑わう桜の名所でもある。

蹴上インクライン | 京都の春(桜)・秋(紅葉)の人気の人気スポット

京都国立近代美術館

京都国立近代美術館の基本情報

営業時間■通常会館
 9:30~17:00(入館は16:30まで)
■夜間開館(毎週金曜日・土曜日)
 9:30~20:00(入館は19:30まで)
定休日毎週月曜日(月曜日が休日に当たる場合は、翌日が休館)
年末・年始
別に展示替期間の休館あり
入場料■展覧会
一般1500円
大学生1100円
高校生600円
■コクション・ギャラリー
一般430円
大学生130円
高校生・65歳以上は無料
電話番号075-761-4111
住  所京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
最寄り駅・京都市営地下鉄東西線「東山」から徒歩10分
・京都市営バス「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」から徒歩5分
・京都市営バス「東山二条・岡崎公園口」から徒歩10分
公式HPhttps://www.momak.go.jp/

京都国立近代美術館について

工芸と国内外の近代・現代美術に重点をおいたコレクションを展示するコレクション・ギャラリーがある。企画展も開催されているため通年を通して見所がある。

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館の基本情報

営業時間10:00~18:00(受付17:30まで)
定休日月曜日(祝日の場合は開館)
年始年末
入園料大人(京都市在住520円・市外在住730円)
小中高生(京都市在住無料・市外在住300円)
電話番号075-771-4334
住  所京都市左京区岡崎円勝寺町124
最寄り駅・京都市営バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」すぐ
・京都市営地下鉄東西線「東山」から徒歩8分
公式HPhttps://kyotocity-kyocera.museum/

京都市京セラ美術館について

京都画壇をはじめとする近代日本画の名品を多数所蔵されており、2020年3月のリニューアルオープン後はコレクションルームが新設された。レトロと現代的な雰囲気の建築が人気の美術館である。

京都市動物園

京都市動物園の基本情報

営業時間3月~11月の期間 9:00~17:00(受付は16:30まで)
12月~2月の期間 9:00~16:30(受付は16:00まで) 
定休日月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日) 
年末年始(12月28日~1月1日) 
入園料一般620円
中学生以下無料
電話番号075-771-0210
住  所京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内
最寄り駅・京都市営バス「岡崎公園・動物園前」から徒歩2分
・京都市営バス「東山二条・岡崎公園口」から徒歩10分
・京都市営地下鉄東西線「蹴上」から徒歩5分
公式HPhttps://www5.city.kyoto.jp/zoo/

京都市動物園について

明治36年(1903)に開園した日本で2番目の動物園。動物とのふれあいが体験できる「おとぎの国」、大型から小型のネコ科の動物を展示する「もうじゅうワールド」、「アフリカの草原」などテーマ毎に動物が見られる。

金戒光明寺

金戒光明寺の基本情報

拝観時間9:00~16:00
定休日年中無休
拝観料■参拝自由
■特別拝観料(御影堂・大方丈・庭園)
大人 800円 
小学生 400円
■山門拝観料
大人 800円 
小学生 400円
電話番号075-771-2204
住  所京都市左京区黒谷町121
最寄り駅・京都市営バス「岡崎道」から徒歩10分
・京都市営バス「東天王町」から徒歩15分
公式HPhttps://www.kurodani.jp/

金戒光明寺について

黒谷さんの愛称で親しまれる浄土宗大本山。法然上人が比叡山から下りて草庵を結んだ場所。幕末には京都守護職を務めた松平容保の本陣であり新撰組誕生の地である。江戸幕府2代将軍徳川秀忠の妻であった崇源院(江)の供養塔もある。

法然院

法然院の基本情報

拝観時間6:00~16:00
定休日年中無休
拝観料参拝自由
堂内非公開(4月1日~7日、11月1日~7日に特別公開)
電話番号075-771-2420
住  所京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
最寄り駅京都市営バス「錦林車庫前」から徒歩10分
公式HPhttp://www.honen-in.jp/

法然院について

法然が弟子と共に六時礼讃行を勤めた草庵を延宝8年(1680年)に再興される境内には池泉と砂盛があり紅葉が美しい寺院。墓地には谷崎潤一郎や河上肇の墓がある。

熊野若王子神社

熊野若王子神社の基本情報

拝観時間終日(庶務業務9:00~17:00)
定休日年中無休
拝観料境内自由
電話番号075-771-7420
住  所京都市左京区若王子町2
最寄り駅・京都市営バス「南禅寺・永観堂前」より徒歩10分
・京都市営バス「東天王町」より徒歩10分
公式HPhttp://www.kyoto-16sha.jp/

熊野若王子神社について

永暦元年(1160年)に後白河上皇が紀州熊野権現を勧請して創祀した永観堂の守護神としての神社である。哲学の道の南端に位置しており、南側の裏山には同志社創立者の新島襄の墓がある。

東天王岡崎神社

東天王岡崎神社の基本情報

拝観時間9:00~17:00
定休日年中無休
料  金境内自由
電話番号075-771-1963
住  所京都市左京区岡崎東天王町51番地
最寄り駅・京都市営バス「岡崎神社前」すぐ
・京都市営バス「東天王町」から徒歩3分
・京阪電車「神宮丸太町駅」から徒歩
・京都市営地下鉄「蹴上駅」から徒歩
H  Phttps://okazakijinja.jp/

東天王 岡崎神社について

平安京遷都の時に桓武天皇が平安京鎮護のため四方に建立された社の一つ。ご祭神は速素盞嗚尊と奇稲田姫命の夫婦神、その御子の三女五男八柱御子神を祀る。869年(貞観11)清和天皇が社殿を再建し、室町幕府8代将軍の足利義政らが社殿を修造した。古くより兎が氏神様のお使いと伝えられ、多産な兎から安産の神、縁結びの神として厚く信仰されている。

【東天王 岡崎神社】狛うさぎがいる子授け・安産・縁結びの神社

聖護院門跡

聖護院門跡の基本情報

拝観時間9:00~16:30(9月~3月)
9:00~17:00(4月~8月)
定休日不定休
拝観料境内自由
*特別拝観時は大人800円
電話番号075-771-1880
住  所京都市左京区聖護院中町15
最寄り駅・京都市営バス「熊野神社前」より徒歩3分
・京阪電車「神宮丸太町」より徒歩10分
公式HPhttps://www.shogoin.or.jp/index.html

聖護院門跡について

寛治4年(1090年)白河上皇が熊野詣の際に先達を務めた増誉僧正に寺を授け、聖体護持の意味で聖護院と名づけた。仮皇居としても使用されてあり光格天皇遺品の屏風や狩野益信永納等の襖絵百七十面がある。

大豊神社

大豊神社の基本情報

参拝時間特になし
定休日年中無休
参拝料境内自由
電話番号075-771-1351
住  所京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
最寄り駅・京都市営バス「東天王町」から徒歩10分
・京都市営バス「宮ノ前町」から徒歩5分

大豊神社について

仁和3年(887)宇多天皇の御悩平癒祈願のために創建されました。後に応神天皇と菅原道真公が合祀されました。鹿ケ谷・南禅寺一帯の産土の神・氏神様であり、哲学の道沿いにある「ねずみの社」として知られている。

【大豊神社】狛ねずみが鎮座する哲学の道にある神社

白沙山荘橋本関雪記念館

白沙山荘橋本関雪記念館の基本情報

営業時間10:00~17:00
定休日
入場料一般1300円
大学生以上500円
高校生以下無料
*※特別展開催時は別料金設定
電話番号075-751-0446
住  所京都市左京区浄土寺石橋町37
最寄り駅・京都市営バス「銀閣寺道」より徒歩
公式HP

白沙山荘橋本関雪記念館について

日本画家の橋本関雪が造営した白沙村荘と作品やコレクションを公開している。庭園は約10,000㎡におよび大文字山を借景として池の周囲に石造美術が配置されている。

金地院

金地院の基本情報

拝観時間8:30~17:00(3月~11月)
8:30~16:30(12月~2月)
定休日年中無休
拝観料400円
(八窓席と方丈の拝観は事前予約と別途700円が必要)
電話番号075-771-3511
住  所京都市左京区南禅寺福地町86-12
最寄り駅・京都市営地下鉄東西線「蹴上」より徒歩5分
・京都市営バス「南禅寺・永観堂道」より徒歩10分

金地院について

応永年間(1394年~1428年)に足利義持が北山に創建されたが、1605年(慶長10)崇伝により現在地に移築された。八窓席茶室(重文)と鶴亀の庭(特別名勝)は、小堀遠州作で名高い。

真如堂

真如堂の基本情報

拝観時間9:00~16:00
定休日行事に伴い不定期
拝観料大人:500円
*3月・11月の特別拝観時は1000円
電話番号075-771-0915
住  所京都市左京区浄土寺真如町82
最寄り駅・京都市営バス「錦林車庫」より徒歩8分
・京都市営バス「真如堂前」より徒歩8分
公式HPhttps://shin-nyo-do.jp/

真如堂について

永観2年(984年)に戒算上人が延暦寺の常行堂にあった阿弥陀如来像を神楽岡に移したことが始まり。応仁の乱の戦災により各地に移転した後の元禄6年(1693年)に現在の位置に移った。正式には真正極楽寺である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。