• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

【雑学・小説】歴代の本屋大賞作品

本屋大賞から読書すべき作品を探す

はじめに

「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとして掲げており、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定されている。芥川賞・直木賞と比べれば一般受けする作品も多いがベストセラー作品も多く読書家にも注目されている。

雑学・ランキングのページへ

歴代の本屋大賞一覧

年度作品名著者出版社映像化
2004博士の愛した数式小川洋子新潮社映画(2006年)
2005夜のピクニック恩田陸新潮社映画(2006年)
2006東京タワー
〜オカンとボクと、時々、オトン〜
リリー・フランキー扶桑社映画(2007年)
2007一瞬の風になれ佐藤多佳子講談社漫画(2007年)
2008ゴールデンスランバー伊坂幸太郎新潮社映画(2010年)
2009告白湊かなえ双葉社映画(2010年)
2010天地明察冲方丁角川書店漫画(2011年)
映画(2012年)
2011謎解きはディナーのあとで東川篤哉小学館映画(2013年)
2012舟を編む三浦しをん光文社映画(2013年)
2013海賊とよばれた男百田尚樹講談社漫画(2014年)
映画(2016年)
2014村上海賊の娘和田竜新潮社
2015鹿の王上橋菜穂子KADOKAWA
2016羊と鋼の森宮下奈都文藝春秋映画(2018年)
2017蜜蜂と遠雷恩田陸幻冬舎映画(2019年)
2018かがみの孤城辻村深月ポプラ社
2019そして、バトンは渡された瀬尾まいこ文藝春秋映画(2021年)
2020流浪の月凪良ゆう東京創元社
202152ヘルツのクジラたち町田そのこ中央公論新社

関連記事:『海賊と呼ばれた男』出光興産創業者の出光佐三をモデルとした映画

本屋大賞の感想

芥川賞や直木賞などの作品と違って、本屋さんが選んだこともありプロの作家や編集者が関与していないため、より読者に近い作品が選ばれている。この考え方はマンガ大賞も同じように読んで良かった作品が選ばれている。

一覧にすればわかるが、映画化されている作品も多いことからストーリが面白いこともわかる。賞の内容からも隠れた名作やコアな作品を見つけ出す賞でないため、普段読書をしない人でも読んで良かったと思える作品も多いです。中高生であれば何を読んでは良いかわからない場合もあるので、まずは本屋大賞の作品を読んでみてはいかがですか?恐らく、夏目漱石や村上春樹の小説より読みやすいでしょう。

雑学・ランキングのページへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。