• 観光や食べ物など趣味を中心としたblogです

『トリガール!』鳥人間コンテスト選手権大会を題材にした学生の青春映画

コメディの雰囲気もある青春映画

基本情報

公 開2017年
監 督英勉
原 作中村航「トリガール!」
時 間98分
出 演土屋太鳳
間宮祥太朗
高杉真宙
池田エライザ
矢本悠馬
前原滉
佐生雪
ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)
羽鳥慎一
轟二郎
ひこにゃん
主題歌ねごと「空も飛べるはず」
配 給ショウゲート
興行収入1.66億円

 あらすじ

鳥山ゆきな(土屋太鳳)は先輩の高橋圭(高杉真宙 )に誘われ、友人の島村和美(池田エライザ)と共に人力飛行サークルに入部することになった。幸せなキャンパスライフを期待したが、パイロット班の先輩である坂場大志(間宮祥太朗)と出会い犬猿の仲になる。果たして、鳥人間コンテストに無事参加できるのだろうか。

公開年度別の映画作品一覧

お馬鹿であり熱血でもある青春物語

鳥山ゆきな(土屋太鳳)は不本意な大学に進学しただけでなく、通学中のバスでメガネ男子の多さにやる気がなくなっていた。だが、ひょんなことから鳥人間コンテスト出場を目指すことになる。

実際にストーリーを観ていけばわかるのだが、全体的に良くも悪くも騒がしいのが特徴です。主人公の鳥山ゆきな(土屋太鳳) だけでなく、同じパイロット班の先輩である高橋圭(高杉真宙 )も基本的にテンションが高く騒がしい。そのため、お馬鹿な主人公たちではあるが、意外と物語のストーリーにあっている。これは、 ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) が出演しているが、相変わらずのキャラクターにも関わらず違和感を感じない様に全体的に騒がしい作品でも。でも。熱血漢もあり不思議と観てしまう作品でもある。

ただ、理系男子たちの描き方がネタの様な極端に描いている点は良いのだろうか…。面白いから良いのだろうけど。

また、島村和美の池田エライザはもったいない感じがする。もっと上手く演出しても良かったのだが、土屋太鳳と間宮祥太郎のキャラクターの濃さが終始描かれている。時間も100分以内を考えれば単純に上手くまとまっている感はある。鳥人間コンテストの想いは伝わった。

安心とユーザビリティの美容家電【アレティ】

鳥人間コンテストのドラマを感じることができる

『トリガール!』に関しては鳥人間コンテストの面白さを伝えることに成功した作品で会える。ただ、出演者のキャラクターが濃いこともあり、ドラマ感が薄まっている感がある。ただ、実際の鳥人間コンテストもキャラの濃い学生が多く登場していることを考えれば、あながちキャラクターが濃いわけではないのかな。

ただ、パイロット以外の舞台裏を感じるなら実際のテレビ放送を見た方が良いかな?あくまで、パイロットに焦点をあてた作品である。

もちろん、 鳥山ゆきなはパイロットを本気で務めようとしているにも関わらず我儘に感じる点も多いが(少し前に感じた思いは?)、それでも映画のっ特徴を考えればアリなのかな?と思える場面である。

正直、そこまで期待せずに観たが最初から最後までテンションが高い状態で続くこともあり期待以上に面白かった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。